新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっとこの記事だけを見ると本質を取り違えると思う。
発言主のはハーマンハウザーは英国欧州の重鎮的キャピタリスト、SBによる買収時にも反対の意見を表明していた。
今回も色々反対理由を述べているがそのひとつは、米国企業傘下になった場合にCIFIUS禁輸リストに入って中国と商売できなくなるなど地政学的リスクを上げている。それは確かに無視できないだろう。加えてNVIDIAの創業経営者は台湾出身のカリスマ、ジェンスンファ、殊に複雑。
総じてどうも個人的利得はもとより短期的、営利的な観点での物言いではなく、英国経済、テック、欧州スタートアップエコシステム育成上の観点のように見える。
ビジネスモデルへのリスクは自分も実際にあると思う。ただ、「最悪」についてはそこより国の話の感情論に思い、また売却などは株主の意思決定事項だし、少なくともハウザー氏は顧問的な形でも現在はARMに関わっているようには見えない。
①を見る限り、ARMの前進のAcornを1978年に共同創業、Olivettiに買収されたのち1990年にARMのスピンオフに関わり、1993年に独立。
なお、現在のCEOのSimon Segarsは1991年に16番目の社員として入社(②)。
③はソフトバンクGのARM買収時の記事だが、その時にも「非常に残念だ」とコメントしている。④も併せて見ると、欧州のテクノロジーの進化・エコシステムに強い思いを持っていることが発言の背景にあるのだろう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Hermann_Hauser
https://en.wikipedia.org/wiki/Simon_Segars
https://toyokeizai.net/articles/-/127953?page=3
https://www.businessinsider.jp/post-193551
ARMの創業者はご立腹。買収時は情熱的に口説いたけど「君子豹変する」孫さんの同志的結合という言葉は信じられなくなってくるだろうな。投資家宣言というのは、そういうことだろうけど。アリババみたいに何もない時期に信頼して投資だと同志感はでるけど、ビジョンファンドからの投資でそう思ってる人も少なそう… なんか歯車が狂ってきてる…



ハウザー氏はロイターとのインタビューで「(アームの本社がある)ケンブリッジにとって、英国にとって、欧州にとって最悪の事態だ。グローバルな重要性を持つ欧州最後のテクノロジー企業が米国人に売却されようとしている」と述べた。

同氏は、今回の売却により「半導体産業のスイス」としてのアームのビジネスモデルが崩壊すると発言。エヌビディアはアームの顧客と競争している。
言いたいことはわかるんだが、「半導体産業のスイス」を位置したいんだったら、じゃあ何でSBGに売ったんだとも思う。
売ったのが失敗でした、という話ならわかる。
これはSBGのreputationにとって大きなダメージになる可能性のある話ですね。買収時には大きなビジョンを持ってアームの創業者を孫さんが口説いたという経緯があるようなので、いくら事情があるとはいえ、相当印象は良くない話になるリスクあります。
下記の記事を見るとハーマンハウザーはソフトバンク買収時にも「悲しみ」を述べています。FTも日経に買収され、AutononyはHPに買収された。世界的イギリス企業を自国、もしくはヨーロッパで買い戻す選択肢がないのが悲しい
https://toyokeizai.net/articles/amp/127953?page=4
多くの人が行われないと踏んだが話は進んだ。さすがソフトバンク、なのだろうけど、あの時とは情勢がちがう。ステークホルダーは沢山いる。このまますんなりいくとは思わない。
かなり厳しい発言。
「英国にとって、欧州にとって最悪の事態だ。グローバルな重要性を持つ欧州最後のテクノロジー企業が米国人に売却されようとしている」
この人が喚いたところで何も変わらないでしょ。
半導体にスイスは許さないという話なのでは。
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
34.0 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
14.4 兆円

業績

業績