新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
抗体保有率最高を記録したのは、偶然にもQueensのCoronaと呼ばれる地区でした。また、2番目に高い値を記録していたのは、Borough Parkと呼ばれるBrooklynの地区です。

この両者に共通しているのは、比較的大家族が多く、密に居住しているという点です。このような共通点から、家族内感染が主要な感染経路であった可能性が指摘されています。

また、今回測定された「抗体陽性」が必ずしも感染に対して保護的かを評価したものではないことから、これらの結果から集団免疫を議論すべきではないともされています。

その他の興味深いデータとしては、年齢別に見ると、17歳以下の子供世代で最も抗体陽性率が高かったこと(32.6%)、貧困層の多く居住する地域で軒並み抗体陽性率が30%を越えていたこと、また、成人では、45から64歳までの方で抗体陽性率が最も高かったことなども併せて報告されています。

ニューヨーク市の15%程度をカバーする大規模調査です。本調査には様々な限界も指摘しうるものの、日本においても、傾向を掴み今後の対策に活用するため同様の検査を行うことが求められます。
予想外に高い数字です。もっとも単純にこの数字が維持されると考えたとしてもNY市全体で集団免疫を獲得するまでには、前回と同じ規模の流行をあと2回繰り返す必要があるとの計算になります。

もっともこれまでの研究では感染者の抗体価は3カ月程度でかなり減少すると報告されていることなどから考えれば、あと2回の流行では済まないでしょう。

いずれにせよ集団免疫獲得を戦略として目指すのは現実的ではないことになります。
NY市コロナ抗体検査、陽性が27%、地区により最高51%。想像以上に高いな!痛みは伴ったけど集団免疫に近づいてきてる。Rがかなり下がるから、第二波の広がりもそこまでにはならないだろうから経済活動の再開は進みそう。
結果として集団免疫戦略になったということか。
「陽性率が最高だったのは市東部クイーンズのコロナ地区。」
新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施したNY市。
「市民約840万人のうち約146万人に実施し、陽性率が地区によっては最高で51.6%に達した。ニューヨーク・タイムズ紙によると、市全体の平均は27%超だった」とのこと。
最高で約半数の方が感染したことがあるというのは驚きます。
この抗体保有率は凄いですね…
いかにニューヨークの感染が隅々まで浸透していたかよく分かります。
ニューヨークは集団免疫を獲得したようだ