新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディズニーとネットフリックス、テスラとトヨタに続く、時代の移り変わりを象徴する逆転劇。AIが求める並列処理に適している為、データセンターにもGPUが浸透してきていることが背景に。ファブレスとそうでないプレイヤーの比較だけどやはり印象深い #米株 #半導体
ちなみに、半導体関連企業の時価総額を見ていくと、30兆円を超えているのがTSMCとSamsung。そしてNvidia・Intelが27兆円前後で今回逆転となった。その意味で、半導体事業だけの価値で考えるとTSMC>Nvidia>Intel>Samsungという感じか。
次が大分さが開き、Broadcom、TI・Qualcommの12兆円前後。そしてAMDは7兆円ほどまでに増えてその次に付けている。
ただSamsungとIntelは他社に比べてマルチプルが抑えられている。TSMC・TI以外はファブレスで、成長しやすい(そして成長するとメリットを受けるのがTSMC)という構造もあるが。
注目されはじめた2015年くらいの株価から見ると20倍くらいになりましたね。昨年は一気に半減したり不沈は激しいですが、引き続きホールド。にしても株価ってほんと期待値ですよね。。。
AdobeもNVIDIAと協業しています。以下NVIDIAのblogからの抜粋です。
「Adobe Premiere Pro の NVIDIA エンコーダーによる高速化にて、高解像度動画の書き出しが CPU の 最大 5 倍の速さに。

自宅で仕事をする人が増えており、動画編集者はコンテンツを新たな方法で配信しなければならなくなっています。多くの人が家庭で撮影した映像を使ったり、あるいはストックしてあった映像をクリエイティブに利用したりして、新しいコンテンツを求める声に応えようとしています。

Adobe Premiere Pro の最新リリースが5/29より入手可能になりました。クリエイターは、NVIDIA GPU で強化された機能を活用して、高品質なコンテンツをこれまでよりも早く配信できるようになっています。」
DXメガトレンドの胴元がパブリッククラウドで、その脳味噌がエヌビディアのGPUという構造。但しAI処理チップはこの2年ほどでUK、中国、カナダらを含めて競合激化が進んでいるので天下のエヌビディアも油断大敵。
かたやインテルはというと、MACがARMアーキテクチャに変更を発表したり、NVIDIAのフラグシップモデルDGX-A100がAMDに変更したりと、衝撃的なことが。
個人的にはNVIDIAの評価は高過ぎると思うが、まぁ持ってるんで嬉しいけど。これはもうひとえにIntelのミス。10nm(TSMCの7nm相当)でものすごく遅れてしまった。お陰でAMDの巻き返しを許ししまった。それ以前にモバイルはソフトバンク傘下のARMにさらわれてる。牙城のサーバーCPUを守り切れるかどうか。Intelが既存キャパをファンドダリに転換し、最先端品の生産をTSMCに委託する日は近いかもしれない。
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
32.4 兆円

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績