• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

インフルエンザの新型、中国で発見 「世界的流行も」と科学者

BBCニュース
919
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    元厚労省官僚、元衆議院議員 元厚労省官僚、元衆議院議員

    鳥型やブタ型のインフルエンザウイルスは、本来その種に特異的なウイルスですが、種を超えて他の動物に感染することがあります。

    特に、人類が開発を進め、動物と人類が大量にそして密接に接触するようになると、ウイルスが突然変異を起こして、動物からヒトに感染しやすくなります。

    そうすると、そのウイルスには、人類はこれまで感染したことがないため、①ヒトに免疫が無い、②ワクチンが無い、③治療薬が無い、結果として、急激に感染が拡大する、ということになります。これが、いわゆる新型ウイルス、新興感染症です。ウイルスの毒性(致死率)と感染力によって、もたらされる結果は変わってきます。

    航空網の発達した現代、世界はかつてないほどにつながっています。航空機に乗ったヒトを宿主として、ウイルスはすぐに世界中に伝播します。

    人類の開発とグローバル化の進展、この流れは止まらないでしょう。であるならば、新型コロナウイルスに限らず、また新たな感染症が出現し、人類は、様々に工夫をしながら、繰り返し対処していかなければなりません。

    科学技術が発達し、人類は様々な感染症を制御できるようになりましたが、一方で、発達・開発により、新たな感染症のリスクも高まったのです。

    これが、withコロナ、with novel virusの真の姿です。
    それに対峙するには、覚悟と受容(ある種の諦観)、そして、前向きに柔軟に、取り組み続けていくことが求められます。

    余談ですが、新型コロナについて、日本の政権幹部が「日本を含め、どの国も想定していなかった事態」とコメントされていて、「いやいやいや、想定しててくださいよ」と、突っ込まずにはいられませんでした。

    新興感染症は、必ず、そして繰り返し、やって来るもの、現代の個人・組織・社会・世界すべてにとって、重要な危機管理のひとつです。

    繰り返しで恐縮ですが、「正確な情報を基に、正しくおそれ、前向きに、最悪の事態に備える。」
    がんばってまいりましょう。


  • badge
    マウントサイナイ大学 アシスタントプロフェッサー

    インフルエンザは、豚や鳥など他の種の動物でウイルスの抗原の組み換えが起こると、ヒトの中に築かれた過去の免疫やワクチンが効きにくくなり、大きな感染流行を起こしがちです。2009年のパンデミックも、まさに豚を介した抗原の組み換えがその一因を担いました。

    新型コロナウイルスとの対比として、「インフルエンザには治療薬がある」とよく言われますが、致死率を低下させるような治療薬は存在せず、あくまで発熱期間を短縮するのにとどまることにも注意が必要です。

    致死率の低下を期待できるのは、有効なワクチンの普及です。ヒトーヒト感染が本格的に確認されれば、ワクチンの見直しが強いられます。新型コロナウイルスのワクチンとは異なり、新たに臨床試験を組む必要性はないものの、核酸ワクチンより生産に時間を要するのは難点です。

    インフルエンザは毎年流行を見せますので、「新型」が流行してもしなくても、程度の差こそあれ今秋の流行は予測されています。これが、秋以降に新型コロナウイルスの状況がどうあれ、対応が厄介になると考えられている所以です。この2つの病原体は、症状や検査でうまく見分けがつかないことも多いからです。

    いずれにせよ、今秋いかにして高齢者を守るかは重要な課題です。そして、仮にインフルエンザの抗原変化が大きい場合には子供たちも守る必要が出てきます。学校の運用方法の議論も加熱する中、感染対策は、今春以上に手を焼くことになるかもしれません。過度に恐れる必要はないと思いますが、今から十分な計画を練っておく必要があります。


  • badge
    東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医・医学博士

    2009年の新型インフルエンザの流行は、おおくの医療機関が『混雑して大変な状況』に陥りました。

    インフルエンザに対する薬、標準的にはオセルタミビル(商品名タミフル)はあくまで18時間程度発熱を短縮する程度しかありませんし、インフルエンザの迅速検査は6割程度の陽性率(24-48時間では感度はあがる)であるにも関わらず…です。

    ▶Clinical Infectious Diseases 2017; 66(10): 1492-500.
    日本語訳 https://pediatric-allergy.com/2018/11/13/efficacy-and-safety-of-oseltamivir/
    ▶Journal of clinical microbiology 2011; 49:437-8.
    日本語訳 https://pediatric-allergy.com/2019/10/22/rapid-influenza-diagnostic-test/

    ただ、インフルエンザに対する迅速検査キットは従来のものが使用できましたし、一応の治療方法はあったともいえます。ですので、夜間救急や日常診療は大きな負荷がかかりながらも乗り切ったといえます。

    では、この新型コロナの心配な時期にインフルエンザの流行が起こり、病院に多くの患者さんが押し寄せるとどうなるかは予想できます。
    インフルエンザと新型コロナを症状で見分けることは困難であるため、患者さんが渋滞を起こすことが十分考えられます。

    すなわち三密です。

    新型コロナとインフルエンザ、その2つの感染症の流行が同時におこる可能性があり、それぞれの検査の感度はかならずしも高くないのです。
    今のうちに対策を考えておく必要性がありそうです。

    ひとつ救いがあるとすれば、昨シーズンのインフルエンザの流行は、みなさんの感染予防行動により大きく抑えられたことが報告されていることです。

    ▶Sakamoto H, Seasonal Influenza Activity During the SARS-CoV-2 Outbreak in Japan. Jama 2020.
    日本語訳 https://pediatric-allergy.com/2020/04/12/seasonal-influenza-activity/


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか