新着Pick
455Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大変お恥ずかしい内容ですが、本日からご連載いただいております。私のキャリアや仕事への考え方などについてお話しさせていただきました。自分にとっても振り返るいい機会をいただきました。これからも変わらず自分にとってリアルに感じられることをしたいと思います。仕事はロジカルでもいつもパッションを大事にして生きたいですね!
データサイエンティスト・シバタアキラ氏の連載を本日からスタートします。
---
急成長を遂げる米ベンチャーDataRobotの日本担当チーフデータサイエンティストとして「AIの民主化」を推し進めるシバタアキラ氏。

そのミッションをつかむまでのキャリアは異色だ。高校を中退し、ミュージシャンに憧れた10代を経て、ロンドン大学とニューヨーク大学で素粒子の先端研究に従事。ボストン コンサルティング グループに転じた後に起業。「絶望の時」を経て天職に出会った。

高速で成長を続けるシバタ氏の思考と哲学を追う。(全7回)

■第1回 「AIの民主化」を目指すデータサイエンティスト
■第2回 高校中退、フリーター生活で世界の広さを知る
■第3回 ロンドン大学でデータサイエンスを「体感」
■第4回 「3年先は闇」の人生を生きていたい
■第5回 仲間の拒絶、創業した会社から自分が去る絶望
■第6回 自分を「急成長」させる2つの条件
■第7回 未来は追わない、未来を創る側に行く
プログラムの知識なしで誰でもAIを活用できるプラットフォームDataRobot。はやくその内容が知りたい。

「大量のデータを使ったモデル化がどれほど信頼性が高く、どれほど効率的にビジネスの生産性や創造性を高められるものなのか。その価値の大きさは、私自身が膨大なデータ分析を要する素粒子研究に携わっていた経験から得た洞察でもあります」というシバタ アキラさんのことばにワクワク。
データサイエンティストと、ドメインスペシャリストの両方が揃わないと使えない現状のAIに対して、ドメインスペシャリストのみで使えるものができたら世界が変わります。

是非、超一流以外のデータサイエンティストをディスラプトできるレベルの環境を構築してください。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。