新着Pick
447Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Neurotrackの面白さは、医療現場では長い間使われてきた、専門装置等を使った視線を使った脳の損傷度合いを調べる技術をスマートフォンやPCのカメラを使って可能にするというイノベーションです。それによって、いつでも、どこでも、医療関係者がいなくともテストを行うことが可能になります。 また、このテストには学習効果もないため、定点観測的に継続テストをを行っていくこともできます。

ただ、医療制度の違いもあり、アメリカ市場では一般的に診断、予防系のサービスに関してはビジネスになるのに時間がかかり、なかなか評価がされにくいという現状があります。そのような現状に対して、日本を代表する保険会社と一緒にBーToーB のビジネスモデルを作っていくというのは非常に興味深い取り組みで、Khosla VenturesのKhosla氏なども「ヘルスケア領域の画期的な協業だ」とイベント等で発言しています。診断ー予防系のサービスは、日本でのビジネスチャンスが大きい領域かもしれません。

Elliは素晴らしい経歴を持つ、よく知られた起業家であり、Neurotrackもジョンソン&ジョンソンの「イノベーション&ハンセン」アワード等も受賞したことでも知られるスタートアップです。このような会社が第一生命様、損保ジャパン様のような日本企業と共に、高齢化にまつわる社会課題にチャレンジしていることは個人的にも素晴らしいことだと思います。
ピーター・ティールの投資先である、NeuroTrackの創業者にインタビューしました。

30年にわたって認知症の研究をしていた、このサイエンティストを、口説き落として起業したという点が、個人的にはとても好きです。アルツハイマー病の予見が、こうしたサイエンスに基づいた簡易なテストでできるなら、社会にとても多いなインパクトを与えると感じます。

興味深いのは、早期に予備患者を発見することが、敷いては製薬会社のクスリの開発プロセスであったり、治験などのプロセスすべてに、大きな影響を与えるポテンシャルがあるということです。非常に興味深い。

ぜひご一読ください。

* 念のため、本文にも書いておりますが、アルツハイマー病は「早期発見」が、社会的にもとても難しい病気です(本人がテストを嫌がる)。予防的にこうした潜在患者を見つけるテクノロジーというのは、日本にとって極めて役に立ち、だからこそ第一生命が資本出資までしている背景かと思われます。
https://neurotrack.com/jp/company-1
スマホのカメラを使って5分でアルツハイマー病へのリスクをチェックできるというと、何となく眉唾物のように聞こえてしまうかもしれませんが、そこには30年にも渡る科学者の地道な研究が生きていました。

テスト一回は5分ですが、一回やってから終わりということでなく、3カ月、半年、一年と継続して、数値の変化=脳の健康状態を把握することに意味があります。

日本の第一生命と業務提携する時も、キャプランCEOが「組もうと思っていなかった」というほど、交渉で強気に出られるスタートアップは、裏を返せば「強い技術」を持っていることの証でもあります。

日本は先進国の中でも最も多くアルツハイマー病の患者を抱えています。そこで数年後にどういう結果が出てくるのか、とても興味深いです。
Neurotrackは事業開発の議論や投資検討のタイミングで祖母が認知症になってしまったこともあり、個人的にとても思い入れの深い案件でもあります。 

エリーの言葉にもあるように、Neurotrackはアルツハイマー病にかかる人を1人でも減らしたいという強い想いと、確固たるテクノロジーが結びついた企業です。

診断系のソリューションはなかなかVCからの大型の投資を受けられないケースも多いですが、第一生命さんとの提携のような保険会社と組んで付加価値サービスを展開するモデルは診断系ソリューション企業のマネタイズの可能性を飛躍的に高める新しいモデルだと強く思います。
アルツハイマー型認知症は、早期発見ができれば、進行を止められる病気です。しかし、そのためには、医師の診断を受けなくてはいけません。スマホで簡単にチェックできるという技術はいいですね。

2015年にこんな記事をまとめています。当時わかっていた最新の知見と、発症後のケアのコツ(ユマニチュードという手法です)を一緒に紹介しています。自信作なので、ご一読いただければ。

本当は恐くない国民病「認知症」の正体 #POL https://president.jp/articles/-/18000

医師の診断ではなく、セルフチェックでもかなりわかるのですが、ちょっとやって終わりになってしまうと思います。スマホで定期的にチェックして、そのデータを蓄積するといのはスマートです。日系企業が乗り出しているというのもいいですね。次の展開に期待しています。
非常に興味深い内容でした。
年齢相応の変化なのか認知症なのかを区別するのは、医療現場でもなかなか難しいですが、認知症が進行すると「自分自身では認知症だという自覚が乏しい」という特徴があります。

「最近物忘れがひどくなったと思う」と思って自分で受診する人は年相応の変化である場合が多く、逆に家族が心配して連れて来るケースでは認知症の場合が多いです。実際に、認知症に関するアンケート調査では、「認知症を疑うきっかけとなるような変化に気づいた人」は、約7割が家族で、本人が気づいたのはわずか4%でした。
http://www.alzheimer.or.jp/webfile/shindantochiryo_tyosahoukoku_2014.pdf

このように、周囲の人による客観的な判断が認知症の早期診断に繋がるため、目の動きなどを利用した変化から客観的なフィードバックを提供するシステムは非常に有用だと思います。

一方で、認知症を早期診断しても、一番多いアルツハイマー型認知症であれば十分に効果のある治療薬は存在せず、診断したとしても治療介入が難しいという課題は残っています。
認知症やアルツハイマーの早期発見の方法として脳ドッグがありますが、費用も高いですし、受けられる病院も限られます。父が脳ドッグを受けていたのですが、気軽に定期的に…とはなかなかいかないと思いました。手軽さという意味でも、Neurotrackのアプリはインパクトがありますね。
適切な治験者が見つけられて、アルツハイマーに有効な薬の開発の後押しになる点も興味深いです。認知症がもとで亡くなった身内がいる身としては、薬の開発への活用に期待したいです。
これはシンプルかつ画期的。自分も70代の親がいて忘れっぽいと心配になるので、やってもらおう。日本では、android版もiphone版も今年1月に無料でリリースされているようです。

https://www.neurotrack.com/jp/faq

「2020 年 1 月、ニューロトラックはニューロトラック 脳ケア アプリの無料初期版をリリースしました。すべてのユーザーが無料で利用できます。」
私が2年程前に調べた時点でも、「パーキンソン病」「皮膚がん」「うつ病」を検知するモバイルアプリがあったと記憶していますが、今後も色んなヘルスケア関連のプロダクトが出て来そうです。

記事にも出ている通り、アプリの情報が生命保険などの契約でユーザーにとって不利になる形で利用される懸念が当然出てきます。

その中で、アップルは他のテック企業と違ってユーザー情報を「マネタイズしない」ことを前面に押し出したマーケティングをもって、ヘルスケア領域の進出を推進していくのだと思います。
スチュアート博士を引き入れられたことが大きなポイントだったのでしょうね。正にマジックワードです。
アルツハイマー病の発症が症状の発現より早いこと、発症者を予測できることも驚きでした。
”「アカデミーの世界で研究をするのは素晴らしいこと。でもそこで得たことを、人々が利用できるようにしなければ、意味がないのでは」”
この連載について
アップル、グーグル、フェイスブックを育ててきた、シリコンバレーのベンチャー投資産業。その輪の中にいる投資集団「SOZO」が、初めてベンチャー投資の舞台裏を案内する。