新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビル&メリンダ・ゲイツ財団の多岐にわたる活躍は目を見張るものがあります。NPのキアラシ記者の記事によると財団のWHOへの拠出金は第2位、まさに国家レベルです。第1位はアメリカ、離脱となるとゲイツ財団が今後1位になるのでしょうか?

ゲイツ氏の英知と経験による政治経済のハックで、人類全体の被害者が減少して欲しいと祈っています。

【図解】WHO問題を、ファクトチェックしよう
https://newspicks.com/news/4875895
ゲイツ財団の日本常駐代表、柏倉さんへのインタビューです。2000年から世界的な感染症やパンデミックと戦ってきたこの財団には、政府、製薬会社、大学など「異分野」をつなげて、コラボレーションさせるのが真骨頂です。

新型コロナでは、最先端のRNAやDNAを応用した、次世代のワクチンづくりに投資をしていることで有名です。しかしインタビューにある通り、ワクチン開発にお金を呼び込むための「ワクチン債権」であったり、ドローンを使った「ワクチン空輸」など、上流から下流まで、一気通貫で仕組みをつくるところが、非常に興味深かいです。

なお社会課題を掲げる財団ですが、1500人のスタッフを抱えており、運営は完璧なグローバル・ビジネスとしてやっているとのこと。その経営手法も、ぜひ掘り下げてみたいものです。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団の具体的な活動に言及があり、活動を知るきっかけになる記事だと思います。日本とはリクシル、エーザイなどの企業との連携など様々な接点があるんですね。ワクチン債が日本では売れているということですが、開発資金集めにも今までと異なるアプローチがあるのでしょうか。

”このワクチン債ですが、日本の投資家にとても人気があるんです。なんと世界中のワクチン債の投資額のうち、その3分の1を日本人が占めているのです。”
日本を含め、機関投資家の動向を見ているとESG投資を積極的に進めています。
コロナの影響が後押しになっているのは間違い無いですが、元々兆候のあったソーシャル&ヘルスケアがキーワードとなり投資家からのファンドレイズが盛んになっていく地合いを感じます。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団はヘルスケアだけではなく、金融包摂でも世界に貢献しています。

銀行サービスにアクセスできない、あるいはしにくい人たちも金融サービスを受けられるようにするという理念のもと多くの投資をしている。

金融包摂では、キャッシュレスの推進がメインとなっています。
記事とは関係ないですが、こうして各国代表が現地出身者なのがグローバル展開の鍵だと思います。

日本企業の多くが日本人を海外代表に駐在で送っています。海外渡航が難しくなる中で現地人を採用するのか、それとも本社から渡航できないと不安だからと相変わらず日本人を置くのか、今後の変化が気になるところです。
この連載について
政治・経済の話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート