新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
商用車の伸びはインフラ投資に牽引されているという話もあり、乗用車が実売ベースで回復するのをみるまでは本格回復とは言いがたい。しかしそうは言っても2−3月のショックからは落ち着いてきたとはいえそう。あとはオートローンの延滞率と新規ローンのアベイラビリティ。
 とは言え、原油も安く、コストオブオーナーシップは悪くないタイミング。
私の情報ではレクサスが6%増。
こっちも触れるべきではないか。むしろ日系自動車はますます欧米韓国のシェアを奪っている。5月はもっと増える。
全体は前年比+4.4%。1-3月に消えた需要の後ろ倒しもあるだろうが、正直すごい回復。
ただ、結果としてより被害拡大し、雇用などが失われている欧米で同様の回復にはならないと個人的には思っている。数か月後にチェック。
『中国汽車工業協会によると中国全体の4月の新車販売台数は同4・4%増の207万台とプラスに転じた。』
完全に予想どおりの数字です。この数字がほしかったので、ようやく出てうれしいです。

いろいろ予想する際に、先読みするので、自分で仮説の数字を置くわけですが、その時点では、実際の数字は出てきていないので「この数字の根拠は何だ?」と聞かれても答えられません。笑

先を読むということは、「その時点ではない数字」を使うので、その根拠を明示しろと言われても、それは不可能ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
https://newspicks.com/news/4816829?ref=user_527032
PCと自動車はすぐ戻る。アフターコロナでは需要増。但し車は安いやつ。
卸販売台数か小売販売台数なのか明確にして欲しいな。中国はこの二つの数字が混同されやすいから。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.0 兆円

業績

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.65 兆円

業績