新着Pick
758Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
9月入学への移行を求める声が高まっていますが、場当たり的で安易な移行には疑問があります。
多方面に多大な影響を与える変革になりますので、メリット・デメリットを検討すべきですし、そもそも9月入学が、現状のコロナによる休校問題、ひいては学習格差の解決になるのかは疑問が残ります。そもそも9月になったら登校できるかもわからないわけで。

私個人としては、9月入学より先に、子どもたちの学びを保障するための分散登校の開始、遠隔学習を可能とするPCやネットワーク機器の配布などを優先した方が緊急対応としては早いと思います。
これまでの4月入学の制度は残しつつ、9月入学という選択肢もより広く取りうるように各大学が対応するという一律ではない措置であれば、入試に対する緊急対応としてはアリだと考えています。

いずれにせよ、子どもたちの未来が(与野党問わず)政治的なパフォーマンスとして左右されないよう、健全な議論・検討をお願いしたいと思います。
 
【追記】
こちらのPick皆さんからの反応が大きかったため、記事として考えをまとめました。勢いでばばっと書いちゃいましたが参考までに。

コロナ対策で9月入学へ移行ってどうなの?
https://note.com/sanu0822/n/n9bd687fb0ea4
休校長期化問題を、ポジティブに解決する1つの選択肢としてよい案と思います。
多方面への影響や調整が膨大になるでしょうが、それは大前提としての案だと思うので、そこはさておいて、

医者の立場からは、
9月入学すなわちあと4ヶ月先延ばし、としたところで、確実に再開できる見込みはないので、
感染対策は引き続き全力で続けないといけないこと、
そして、次の秋冬にかけてまた感染が再燃したりインフルエンザの時期とかぶった時にどうするか、シミュレーションが重要になるかと。

親の立場からは、
9月入学に変更するからといって、それまでは完全休校、と今の休校長期化問題の議論を終わらせないで頂きたい。
家庭の負担、ストレスはかなり極限に近いと思います。
今は感染対策の観点から致し方ないのですが、
地域によっては、もしくは、今後の感染状況によっては、
学校活動の順次再開はぜひ検討して頂きたいです。

全国足並み揃えるために9月入学にするにしても、昨年度の学年の授業がおわっていない子たちも多いでしょうし、
可能な地域は学校を再開することを常に検討してほしいです。
9月入学制の問題は、新型コロナ問題の解決とは無関係。日本の教育の国際化を考えると、20年早く導入されるべき変革だ。
海外の優秀な学生を引き込み、日本の学生の海外留学を促進する上で、日本の4月入学制が大きな障壁になってきた。
新型コロナウィルスによるパンデミックは、世界大戦並みの大きなグローバル経済に影響を与えよう。ポスト・コロナの世界は益々デジタル化が進み、ダイバーシティによる変革とイノベーションが求められる。日本が、9月入学制さえも導入出来ずに変革についていけない国家だとしたら、救いようがないとしか言えない。
賛成派です。
思うに官僚や力ある政治家は留学している人も多く優秀だから、みんな同じ課題は見えていたのだ。ハンコ・紙のせいで国の効率が落ちていることや、4月入学のせいで留学受け入れ等に支障があること、オンライン診療やオンライン服薬の価値等々。
平時には「いやいやこの問題が」と「できない理由」を声高に主張する勢力の政治力や、保身保守性という内なる壁に屈してきた。
しかしコロナの非常事態が、変える決断を与えるのに絶好の機会となっている。
ハンコあたりから、安倍さんの決断には力がでてきたな。
海外では休校になってもここまでのことをしていません。それは入学時期が9月だからという話ではなく、オンライン対応に機動性を持って対処しているからです。その努力は放棄して、9月にしてしまえ、は文字通り拙速かと思います。もうこれ以上大人の都合で子供の生活を滅茶苦茶にするのは止めて欲しいというのが子を持つ親の心境でしょう。当事者不在の議論も大概にすべきかと思います。医療のプロの方が仰るように、そこまで犠牲を払ってもまだ尚、コロナゆえに休校継続ということが考えられるわけです。悪手ではないかと察します。

何よりこれほど大きなことを成し遂げるための人的リソースは今の非常時の日本に果たして残されているのか?と素朴な疑問を抱きます。
基本的に賛成。
海外では 多くの企業の会計年度は1ー12月で、卒業時期とは同時期ではない。 その意味では、日本の官公庁や多くの企業の会計年度と、9月入学にした場合、卒業時期が同時期でないことに、それほど多くの課題はないと思う。
ただ、9月入学をこのコロナ感染予防措置と絡めるのは難しい。 第二波の感染拡大も予想され、9月に移行したあとどうなるのか?
まずはオンライン授業や、集合しなくてもできる授業・学校行事などを提供できるようなインフラと教員のスキルアップに全力を尽くしてほしい。
首相も文科相も言下に否定せず、むしろ前向きな姿勢を見せたことに少し驚いています。大正の中頃までは日本も9月入学でした。グローバルな対応を考えても9月入学のメリットは確かにありますが、実際にやるとなると、関連法規や制度の手直しを含めて膨大な作業が生じます。平時に議論すべきという考えも、こういう有事にしか実現できないという考えもどちらも理解できます。私が強く印象に残っているのは、みんなが賛成して国会でも決まったのに実現しなかった首都機能移転があります。また、これは絶対に決まらないだろうと思っていたのにあれよあれよと言う間に決まったものに裁判員制度があります。今回はどちらに道を歩むのでしょうか。
そもそも入学が4月か9月か、ということよりも、日本の「年度」というものが4月から3月までになっている、ということがあります。年度にしても入学にしても、元々米作りの田植えと収穫を前提にしたものですから、現代では4月から新年度にする必然性はもうないでしょう。
 9月入学、にするのは公立の小学校、中学、高校、大学、全て、という案でしょうか。そうならば、少なくとも公務員についても、9月採用が主になるようにするべきでしょう。
 企業や役所は4月に新卒採用するままにして、大学生は8月に卒業した後、9月から3月まで7か月間、インターンシップするなりにして、就職活動期間にあてればよい、という意見もあるでしょう。
こちらでは賛成されている方が多いですが、これが意味するところが8月までの休校延長なんだったらとんでもない話です。
別に4月入学でも留学にはなんの支障もありませんでしたし、全てを欧米に合わせる必要はどこにもありません。

将来のため、と大義名分をちらつかせて家庭にこれ以上の負担を強いるのはいかがなものでしょうか。
私が米国で通った学校は、9月を中心に学期の切り替えに合わせて年に3回入学時期がありました。それが出来るのは、必要なスキルを持つ人を卒業時期に拘らず通年採用する柔軟な雇用制度があるからです。
我が国では、4月入学3月卒業を前提に新卒一括採用が定着し、それに繋がる公務員試験、司法試験、会計士試験の受験資格等いろんなものが4月入学を前提にしています。製造業を中心にした高度成長の時代には、新卒一括採用が入り口の日本的雇用慣行が企業に高い国際競争力を与え、国民に安心して働ける環境を提供する素晴らしいものでした。ところがデジタル技術が進みカイゼンと擦り合わせに長けた製造業の威光が落ちたいま、日本の長い停滞の背景に年功序列終身雇用の硬直的な人事の仕組みがあるのは間違いなさそうに感じます。変化を好まない、あるいは今の仕組みに乗って事業をする人々がいる以上「慎重論がある」のは当然です。だからこそ平時に変化を起こすことは難しい。
変化を起こさなければ日本は徐々に沈みます。その変化の嚆矢として、思い切ってやってみてはどうでしょう。ひとつのレガシーになりますよ、たぶん (^_-)-☆