新着Pick
662Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近はあまりやらなくなりましたが、Appleは新製品発表会で新ハードウェアを「Available Today」とアナウンスし、その日から直営店で新モデルを販売し始めていましたよね。どうすればそれができるのか、ということですね。
CCCは、商売の仕組みとパワーバランスが現れやすい。
例えば飲食・小売だと、買掛金が発生する一方で現金商売が多いため、売上増加はCCCがマイナスになったり、売上減少フェーズは利益が減るだけでなくCCCがプラス(資金負担が生じる)になって、泣きっ面にハチとなることがある。

Appleに関しては2018年5月の決算が興味深かった。
iPhone Xが想定ほど売れず、おそらくはSamsungの有機ELパネルを直接買い取らざるを得ず、在庫金額が大きく増えた。普段は部品メーカー負担→EMS→Appleに完成品となって初めて在庫になるものが多いと思うが、そうではない流れで在庫金額急増。
OLEDをSamsungに頼っていてパワーバランスが崩れると、こういうことも発生する。まぁAppleの場合はレアケースだが…
https://newspicks.com/news/3003378
https://newspicks.com/news/3012798
データによる構造改革にサプライチェーンマネジメントの改革がありますが、アップルは巨大企業なのにそれを実現できたという成功事例ですね。

‘’キャッシュ・コンバージョン・サイクル改善の要となる、商品や部品のサプライチェーンマネジメント再構築の陣頭指揮を執ったのが、現在の最高経営責任者のティム・クック氏です。

 世界中に部品の供給網を張り巡らせ、外部企業に生産を委託する方式に切り替えました。これにより、製造中の在庫(仕掛品)を自社で抱える必要がなくなりました。

 そして製品在庫を完全にコントロールし、市場の需要に対する製品の供給量を正確に調整することで、無駄な在庫を圧縮することに成功したのです。‘’
露骨なまでの下請けイジメ。

絶対的強権を持つ企業がモラルハザードするわかりやすい例。
製造業にとって在庫回転率は非常に重要な数値。アップルの様にファブレス企業でもそれは同じことになる。前が伸びず後ろが滞ると苦しくなってくる。D2Cは資本の少ない企業が在庫リスクをできる限り取らない手法の一つだと思いますが、リアル店舗を出すことで、そのバランスが非常に難しくなってくる。アップルが「究極のD2C」と言われているのは、リアル店舗を持ち、おろしも行っているにもかかわらず、それでも在庫回転率が高い保つことができ、D2Cのコンセプトも継続できているからだと思います。
本題から完全に外れるが、最近のネット上の日本語の、カギカッコの多用はちょっとキモチワルイ
この強さは平常時には、ものすごく強力なのですが、現在のようなコロナウィルスによるライン停止が発生すると、もろに欠品になってしまい、売上を大きく低下させるようになってしまいます。

つまり言いたいことは、強みと弱みは前提により容易に反転するということです。ご参考まで。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
なぜAppleが金融業(カード)に参画するか?のヒントにもなってますね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
125 兆円

業績