【追悼・中村哲】「アフガンの英雄」が、現地で見たもの

2020/2/22
本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に話題のビジネス本の要約をお届けする「10分読書」。短時間で本の中身を学ぶことができ、現代のビジネスパーソンにぴったりの内容になっている。
ぜひ、週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
2019年12月にアフガニスタンで武装集団に殺害された医師、中村哲ーー。
パキスタンやアフガニスタンで医療活動や水源確保などに尽力。現地では「カカ・ムラド(ナカムラのおじさん)」と親しまれながらも、志半ばで倒れた。
彼はどのような思いで、紛争地域のパキスタンやアフガニスタンで活動していたのか。今回は、そんな中村の生き様を伝える。
「深い傷」が刻まれた理由
1992年6月、中村哲はパキスタンのカイバル峠を越えてアフガニスタンに入国しようとしていた。