新着Pick
769Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プログラミング教育必修化について書かせて頂きました。
若干煽り気味のタイトルで恐縮ではありますが、せっかくのプログラミング必修化が骨抜きに終わっては、ますます日本は世界に遅れます。小学校もそうですし、今後は中学・高校についても論点になってきます。

特にAIやノーコーディングツールの普及を考えれば、より「クリエイティブ」なプログラミング体験が重要になります。そんな言わばAI時代のプログラミング教育を今の時点から、学校でもご家庭でも進めてほしいという願いも込め、実現に向けたポイントもまとめました。
 
なお、文科省や教育委員会、学校の努力あって、素晴らしい実践もたくさん生まれています。現場の力を信じるとともに、EdTech事業者として、現場を支える活動にますます尽力いたします。
ノーコーディングでも色々できる世の中になった今、プログラミング必修もやや遅い気がしますし、その上記事を読んで「プログラミング思考」を習得するというややずれた内容で驚きました。
英語必修化でも世界に飛び立てる日本人が少ないことから、いわゆる英語を話せる「意見」を持つことを勉強させておけばという反省からでしょうか。

それより私が学校で欲しかった授業:
・ファシリテーションなど学べる実践的なディスカッション
・プレゼン大会
・文章構成に関する授業
・社会保険に関する授業
・様々な立場業種の卒業生との交流会
今年から始まる小学校でのプログラミング必修化、思ってたのと違った…必ずしもプログラミングやらないのね

①プログラミングという教科はできない

②パソコンを使わないプログラミング教育もOK

③「プログラミング的思考力」の育成が目的

記事中のサッカーの例えが秀逸で

> 「サッカーが強い国にしたいので、サッカー必修化政策をとります。しかし、ボールは使わなくて良いですし、サッカーという教科は作りません。『サッカー的思考力』を学びましょう」

>「いやいやサッカーさせたらいいじゃん(苦笑)」

個人的には、記事に書いてある通り、「楽しみながら実際にプログラミングに触れてみる機会」があると良いんだけどね、

まあ教えられる先生の教育が追いつかない、
地方のネットワークやパソコン環境の整備が追いつかない、
などの様々な事情を加味しての結果なんだろうけどね💡

いずれにせよプログラミングの大切さを国がわかってるって思うだけでも嬉しいわ
小1娘がプログラミング教室に通っています。
コードなど一切出てこず、どちらかといえば、「工作」という感じ。
結果、組み立てたものが動くので、「プログラミング的思考力」を育もうとしていることが理解できます。
我が家の場合、選択肢を示した結果、娘が選び、楽しんで続けたいと言っています。
楽しくないと続かないし、目がキラキラするような体験が増えればいいなと。
「何より大切なのは『楽しさ』」は、本当にその通りだなと。
小学校低学年とは、そういうステージだと思うのです。
コンピテンシーでいうところのコンセプチュアルスキル、複雑な状況を概念する、イシューを特定する力。
要するに与えられた仕事をこなすではない最適解を考え実行する力が日本人のウィークポイント。

そこを強くし、グローバルに競える人材を育成するために文科省の指針が出たのでしょうが
英語教育のように早期化や導入時間を増やすだけでは失敗する。
詰め込み型でない『遊びながら学ぶ』そちらへ転じないとあかんやつですが、よーし遊ぶぞ!よーし楽しむぞ!と肩の力をいれないように。

子供のLEGOの使い方みてるとわかるものがあります。
はじめは平面的なものを作り、徐々に空間や高さが出て、
パーツを組み合わせた三つのチームを組み合わせて群を作ったり部品の大小を組み合わせてアールを生み出しアンパンマンが登場したり。
最初からアールの作り方を教える、覚えるのではないというところにヒントがある。
課題感は分かるが、自分はそんなに否定的に見ていない。ポイントは「間口が広がる」こと。
子供は学校でプログラミングの授業(朝の時間とか)がある。あと、たまにパソコンを家に持って帰ってきてやっている。ブロック組み合わせて動くのを楽しんでいる。
記事にあるように、楽しさは本当に重要。楽しかった記憶が増えれば、それがキッカケになったり、必要な時に思い起こせる。もちろん中学でのプログラミング教育の不足などもあるかもしれないが、小学校で教育が進むことで顕在化する課題。顕在化するのが目に見えているから対策すべきとは思うが、一方で小学校で進めない理由にもならない。
あと好きなことは、中学とかになれば進める人は勝手に進める。自分が子供のころもそうだったが、その間口が触れる機会の増加と、ネットがあって調べてコミュニケーションできる時代だから、勝手に育つ人口は増える。
もっと良くできることは山ほどあっても、個人的には現状より多くなることはその変化の良い部分も見たい。そのうえで、こうやって課題を発信してくださる方がいることに感謝。せっかくの機会なのに考え切れておらずもったいない、というのが記事の真意だと思うし共感する。
プログラミング教育をめぐる状況がよく整理されている良記事でした。
「何のためのプログラミング教育なのか?」についての議論が十分ないままに、大手塾がどんどんこの分野に参入するなどプログラミング教室が街に乱立し、「これからの時代はプログラミング教育ですよ!」という宣伝文句に親は振り回されているのが現状だと思います。
ここはまったく同感です。→QT「本当に欠けているのは、この時代にどんな子たちを育てたいのか。そして、どんな教育を行うべきなのかという「ビジョン」であり、それを実現する「教育観」です」
プログラミングを必修化する目的は何でしょう。
勘違いされている気がします。

IT人材が足りなくなるからそのための人材を育成するというのはズレています。
日本には職業選択の自由があります。
また、人口が減少するとはいえ、しばらくは1億人の人口がいます。
職業が偏ると産業の空洞化を生みます。

必要なのは、プログラミングを早いうちに経験させてあげることではないでしょうか。
やる子は放っておいてもやりますし、やりたくない子は離れていきます。
その中で興味を持ち才能を持つ子供だけが、プログラミングを続けられるようになれば良いだけだと思います。

私は初めの会社で仕事としてプログラミングをやりました。
子供の頃からプログラミングは興味を持ってやっていたので、仕事でやっても周りの人よりもパフォーマンスは高かったです。正しく、好きこそ物の上手なれです。

また、いずれプログラムは自動生成されるようになるのではないかと思います。普通のプログラマーは不要となり、能力の高いプログラマーだけが必要になる時代が来ます。
その際に大量に普通のプログラマーを育成したら、偏った未来の日本ができてしまうのではないかと思います。
日本のプログラミング教育の将来に対する讃井さんの危機感が伝わってきます。しかし残念ながらこの悲観的な未来図に近い形で進んでいくと想像します。それは記事にも書かれているように、日本の学校が未だ工業社会(Society3.0)の教育観に基づいた仕組みなので、その箱に何を入れてもクリエイティブにはなりにくく、教科化してテストで成績をつけられる頃には皆が嫌いになってしまうのではないかと。

プログラミングで何よりも大切なものが「楽しさ」であるならば、あえて教科化せずに進む道をとれないものかと思ったりします。例えば本校ではライフイズテックさんに協力いただき放課後にプログラミングを学ぶクラスを試行していますが、中学校1年生から高校3年生までが一緒に学んでいます。教材は同じですが、キーボード操作に慣れていない生徒が全角半角の使い分けから学んでいる横で、どんどんコードを書いていく生徒もいる。「〇年生だからこれを学ぶ」であるとか「△年生なのだから、ここまでできなくてはならない」ではなく、自分のレベルや興味に合わせて楽しく学んでます。

必修化によってプログラミングがもつ「ワクワク」が失われてしまうと、本当にもったいない。自由意思に基づく学びで「ワクワク」を生み出しながら学ぶ、そんな形を現場で模索していきたいと思います。
冗談ではなく、ミニ四駆がアプローチとしてよいのでは?と感じました。

>ちなみに、文科省によるとプログラミング的思考力とは以下の通りです。
>「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

ミニ四駆はスマホアプリが先週リリースされて、大人たちの間でも再燃中です。
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。