【次世代】辞めフェイスブックが作った、サブスク型SNSの正体

2020/1/19
「未来は、プライベートにある(future is private)」
フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグがそう宣言したのは2019年4月。プライバシーを重視し、家族や友人など「意味のあるつながり」に重点を置くという。
そんな折、2019年11月に元フェイスブック社員がローンチしたのが、家族や親友などの「深いつながり」の構築に特化したSNS「コクーン」だ。
手掛けたのは、元フェイスブック社員のサチン・モンガ氏とアレックス・コーネル氏。広告を収益源とするフェイスブックに対し、広告は一切おかず課金型のビジネスモデルにするという。
巨人が牛耳るこのフィールドで、彼らは、どう戦っていくつもりなのか。その胸の内を聞いた。
スマホの中に「家」をつくる