新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタ Woven Cityは私有地なので、特にモビリティについては日本の道路の法律に従わなくてよくなる点が最大のメリットだと思います。怖いのは、おそらく一定期間は、あるいは未来永劫、日本国内でこの都市でしか世界のスマートシティーの標準規格を実現できない可能性。基本的には、海外の都市で試されていることを、トヨタがこの都市に持ち込んで、日本の人たちに披露する、というエコシステムに終始すると思います。
「作らねばならないのか?」
という問いに対して、全国的に自動運手自動車の公道実験が規制されているからです。

私は自動運転自動車の公道実験を解禁する特区を地方に作れば「地方活性化」につながると、常々主張しています。

北海道の都市部以外などは、公道実験を解禁しても事故につながる危険性はほとんどないでしょう。

地域ごとの規制緩和こそ、「地方活性化」の唯一無二の方法だと考えています。

タクシーの少ない地域は、ライドシェアを解禁すればいい。

企業が集まってくれば人も集まり税収も増えます。
公道は色々な規制があるから。
トヨタの土地、ということで良い意味で好き勝手に色々なことができるから。ここでためたデータを解析してまた次に活かすことができるから。その時に、トヨタグループだけでなく、いかに周りを巻き込めるか。丁寧に、でもスピーディーに。
トヨタの今回のチャレンジ、期待しています。
東富士はもともと自動運転や自動駐車の開発拠点の一つだったと思いますが、TRIやTRI-ADなどが自動運転をリードするようになって、この開発拠点の使い方を改めるタイミングでこの発表なんだと思います。
いいね、ワクワクする
0.志に基づいた理想を明らかにし、1.前提(制約なども)を仮置き、2.コンセプトだけでなく実際に運用できるモデルまで企画、3.現状把握、4.仮置き前提を課題にする、4.課題を優先付け、5.まずやってみる、6.課題をひとつづつクリア、7.ユーザーの顕在潜在の最新要望を取り入れる、0.から繰り返して改善、、実際はもっと良いプロセスになるかと思いますが、こういう感じのリアルで、わかりやすくて、3の現状が、日本の社会インフラではなく、Woven Cityで(課題を少ない) 改善サイクルを加速させる、とても楽しみな取り組みです
広大な私有地に街を作るので有れば道交法も関係ないと考えるとここで実験し放題。そんな街は未来を感じることができそうで住んでみたいと少し思いました。
トヨタが「なぜ街をつくるか」という問いを、伝統メディアは真剣に考えた方がいいと思いますが、日経を除く新聞各紙での扱いは淡泊でしたね。 #伝統メディア2.0
トヨタは同時に高級スポーツカーも発表しましたね。
「車文化」の保護継承とモビリティの新ビジネスの担い手の両方やるという姿勢。日本を代車する会社として期待します。
後付けでも良いので、国家戦略特区にするべきかと。
日本発の新たなビジネスモデルが生まれることを期待します。
グループ企業を含めた巨大組織を守るために新しいビジネスモデルを作りたいのかな?
モビリティの自動運転だけではなく、
人の行動、体験、物流、直接の仕組み、
サービスを載せるプラットフォーム、
何よりデータを手中にして分析、
3Dは、図面から直接インプット
などなど、試して育て見直し続けられる。
期待しています。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.3 兆円

業績