新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の本の出版に合わせたインタビュー第2回目です。
前回は、依存症としての今日の企業社会についてお話をしましたが、今回は、私たちが「ノウハウ依存症」へと陥ってしまう、組織の中の複雑で既存の解決策ではどうにもならない、適応課題について考えています。

リーダーシップ研究者のハイフェッツは、問題状況を技術的問題と適応課題に分けました。技術的問題は既存のノウハウが通用する問題ですが、適応課題はそうしたことを試しても、問題の相手がうまく動いてくれないなど、もっと複雑な問題です。多くの組織における困難な問題は、この適応課題だと言えます。

本では、適応課題を乗り越えていくためには、準備ー観察ー解釈ー介入の4つの段階が必要だと述べています。そして、まずそれが技術的問題解決では乗り越えられないことを受け入れること(準備)と、その相手が動いてくれなかったり、困ったことをすると言った問題が一体どういう状況の中で生じてきたのか、それを知ること(観察)が特に日本の組織の中で出来ていないことを指摘しています。
適応課題を乗り越えるためには、まずその問題が何なのか、なぜ生じているのか、生じているだけの必然性があることをよく知らなければなりません。
しかし、多くの場合、この観察をせずに、すぐに既存の解決策を探してしまいます。なぜならば、問題を生み出す相手について、わかっていないことがわかっていないからです。

この「わかりあえなさ」から始めるためには、様々に自分のナラティヴとは違ったナラティヴから問題を語り直してみる試行錯誤が不可欠です。
この記事では、精神障がいケアのコミュニティ「べてるの家」で行っている「主観・反転・非常識」をご紹介しています。
ナラティヴ・アプローチは、こうして、わかりあえなさから問題に挑むことを始めて、既存の解決方法とは違う、ユニークな解決方法を模索していくアプローチなのです。

私の本の中では、具体的なエピソードを元に、こうしたわかりあえなさを生かしていくことの大切さ、有用さについて述べています。
わかりあえなさこそが、私たちの組織社会における隠されたリソース、財産であり、これにもっと向き合っていく、生かしていくことは、巨大な鉱脈を掘り起こすに等しいほどの大きな価値がある取り組みであると思います。
ぜひご一読いただければ幸いです。
読み入りました。手段が目的化しがちな「人事担当」には耳が痛い話です。よう聞いとけよ、と思ってしまいました。自戒の念を込めて。
今の仕事の中でワタシは、組織内の信頼関係を構築するプロセスとして「自己理解・他者理解・他者受容」を説いてきたのですが、この「他者と働く」にある「技術的課題と適応課題の分離」「準備・観察・解釈・介入」という概念で、より整理することができました。実にわかりやすい。これからはこちらでアプローチさせて頂くことにしますw

また「主観・反転・非常識」も初めて耳にしましたが、とても有用に感じます。チャレンジしたいです。
「わかりあえない状況」は絶望するものではなく、前提。
↓ これいいなあ。
「職場の話に戻すと、部下の離職が激しいとか、モチベーションが低いという場合、一度反転させて、もっとモチベーションを下げるにはどうすべきか、くらいのことを一度考えてみる」
「問題をすぐに解決しようとする癖をやめるというのはすごく大事なことです」
組織の適応課題への対処は、人の健康と同じように考えればわかりやすいですね。

なぜ太るのか。太らないことを考えるのではなく、問題を反転させて、もっと太るにはどうすればいいかを考える。

そうすれば、何を解決すればいいのかが多面的に見えてくる。なるほど。
“分かり合えないこと”はすごく否定的な意味合いとしてグサッと心にきがちです。
しかし、“他人は自分と違うナラティブを持っている前提=分かり合えない前提”と捉えると、不安は緩和され、少しでも分かり合うことがどれだけスゴイかと捉えることができそうです。
自ずとパッチ的に問題解決する行動も抑制されるし、その余裕が生まれた状態で、記事にあるような“反転”だったりに進めると、本質に近づけそうだと思いました。
「技術的問題」と「適応課題」を分けて考えるだけで、人々の問題へのアプローチが根底から変わるように思います。経営や政治や事業創造などは、まさに「適応課題」の塊。だからこそ、偉大なリーダーほど、年を重ねるにつれて、ハウツー論から距離を置き、経験・教養・人間・歴史・芸術といった本質に向かうのでしょうね。
冒頭に紹介されているハーバードのハイフェッツのリーダーシップ論は、本質的です。
 この15年、私の行動の基本として参考にしているものです。
 リーダーシップとは、適応課題に取り組むことで、技術的課題に取り組むのはリーダーシップではない、ということです。
分かりあえていないことを前提に、相手をよく“観察”した上で働きかけを講じていく。
人と人との関係性で大切なはずのことが、組織や職場では分かっているはずと蔑ろにされてしまうのは、システマティックな対応だけで浸透しているはずと思い込んでいるからだと思っています。
理念は実践することで価値が生まれるので、「主観・反転・非常識」のアプローチで行動レベルまで棚卸しすることは、個人にとっても有用なことです。
そう言えば「反転」アプローチは企画考えるときに必ずやってますね。「正しさ」が絡んでくるようなテーマの場合、自分が「正しい」と思うことから逃れるのが難しいので、視点を変えるのに特に有効な気がします。
今ある課題にすぐに手を打とう。どんな課題に対してもそんな反応をしてしまいがち。適応課題の場合、それがどういう因果関係になっていてどこから始まっているのか。敵の正体を知ることって大切。シン・ゴジラが勉強になります。#課題解決