新着Pick
351Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最終的には消費者が判断すること。
使い勝手が良ければゆうちょペイを
利用する人は増えるし、ダメなら誰も
振り向かない。
記事にいう「つぶし」など恐れるに足らない。
そういう時代になったことを、記者もゆうちょも
悟るべき。
いまのところ、ペイ関連各社はマーケティング費用として大量にお金を支払って赤字を出してでも、使ってもらう、習慣化してもらうフェーズ(下記のソフトバンク宮内社長のインタビューは気持ちよいくらい「金をつぎ込む」といっている)。そういう意味では手数料を上げても、払い続けると思う。
囲い込んだ後に、商社はゆうちょ銀行に接続している場合に違う手数料率をとるとかして、接続手数料が低い銀行を相対的に有利にするようなことはするかもしれないが…
逆にゆうちょとしては、そういう状況を踏まえて手数料収入を取りに行くのは、別にビジネスとしては一定合理的だと思う。
https://newspicks.com/news/4055959
ゆうちょがゆうちょペイを推進する為に、リアルタイム口振の手数料を上げたのかはこの記事からはわかりませんが、赤井さんも仰っている通り、コンシューマーサービスの選択はユーザの意思がすべてですから、企業側がユーザを向かずに、恣意性をもった囲い込みをしようとしても上手くいくとは思えません。

しかし、ゆうちょ銀行は都市部の皆様が思っているよりも強力なシェアをもっているのも事実です。NP読者の方々は銀行窓口に行く機会が少ない方が多いと思いますが、地方のゆうちょの窓口は郵便と相まって強力な拠点でもあります。

ある面においては、地方ではPayPayやLINEPayよりも強力なタッチポイントをもっているとも言えますので、やり方次第では強力なプレイヤーになり得るポテンシャルはあると思います。

さて、値上げですが、決済事業は単体でみるとコンマ数%を以下に捻出するかという事業です。ですから、ペイメント事業者からすると1%の手数料は非常に厳しい負担になります。

仮に加盟店手数料が3%だとして、インセンティブ費用がクレカ水準でみて1-1.5%程度として、そこからゆうちょに1%払うと手残りが1-0.5%。ここから営業費用やシステム費用等を捻出していくと、他に収益源が無い限りどう考えてもなりたちません。

そもそも、この水準だと銀行接続はクレジットカード手数料より安いから加盟店手数料が下がるんだというキャッシュレス事業者の戦略が成り立たなくなってしまいます。

まぁ、、今のインセンティブの赤字幅からすれば、この値上げすら大差ないででしょうけど、、w
いきなり6倍というのは、どういう根拠なのだろうか?
通常のB2B取引ではありえない値上げ幅。

スマホ決済業としては、現在の「普及拡大ステージ」が一段落したら、
接続可能口座から郵貯をはずす可能性もあるかもしれない。

「ゆうちょ銀行はこのほどスマホ決済事業者に対して接続料を6倍に上げ、利用額の1%程度とする交渉を始めた。地方ではスマホ決済をゆうちょ銀の口座にひもづけている利用者が多い。」
すごいことするね。しかも多くの決済業者にとっては後出しジャンケン。近視眼的な囲い込みが今の日本のキャッシュレスガラパゴスを起こしてるのに、主導的にオープンにして欲しいところがこれだと先行き怪しくなりますね。
最近では安くなっていますが、かつては、Vプリカなどのプリカへのコンビニチャージが手数料が定額ではなく、このようにチャージ額の何%というものだったと記憶しています。
そういうプライシングがないわけではないので、ゆうちょ銀行が民間企業として判断したなら、それはそれで外部はとやかく言えないですね。不便なら使わなければいいとなるわけですから。
金融機関も、今はほとんど横並びですが、本来ならサービスやコストに差をつけるべきです。

では、ゆうちょ銀行のサービスは、どう良くなるのか?しばらく静観しています。
今は拡大期なので問題ないですが、ある程度pay争いも落ち着いた時にはゆうちょ銀から他への誘導訴求とかも生じてきそうですね。
6倍で1%程度。少ないように見えて「ゆうちょペイ」という同様のサービスを持つゆうちょ銀としては強い打ち手のようにも感じる。結果的に根っこを抑えている銀行という金融機関は強い。スマホ決済を提供しているIT系も傘下に銀行を持っているので、これからはユーザーへどの様に価値提供をして、ユーザーがどの様な反応をするか様子を見ながらみになりそう。
ゆうちょ銀行は「スマホ決済事業者に対して接続料を6倍に上げ、利用額の1%程度とする交渉を始めた」とのこと!
結局は消費者が選ぶものが残る。シンプル
株式会社ゆうちょ銀行(ゆうちょぎんこう、英称:Japan Post Bank Co., Ltd.)は、東京都千代田区霞が関に本社を、同区丸の内に本店窓口をそれぞれ置く、日本の銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4.46 兆円

業績