新着Pick
1706Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
・送金のために店頭窓口に直接赴かなければならない。
・毎度紙ベースの記入を求められる
・送金趣旨の確認のために用途を記載した契約書等の確認を求められる
・そもそも何故自身の口座に外貨があるのか、その外貨を取得した経緯を説明する資料の提出を求められる
・挙句に送金するお金が本当に当人のものであるかを確認するために、当人の確定申告の提示まで求められる
・経由銀行で手数料が差し引かれるが、事前にその手数料の額はわからない
・それとは別に送金元での送金手数料が4000円
・上記の作業に店頭で1時間近くを要する

これが現段階における銀行からの外貨送金に要するプロセスです。
海外送金だけでなく、単に国内の銀行に送金するのでも外貨であれば同じ。
マネロン対策の重要性は理解しますし、それくらい厳密に管理しなくてはならないということなのでしょうが、一利用者としては面倒なことこの上なく、毎度閉口します。

昨日もこんな記事が出ていましたが、既存の法定通貨は海外送金には向かないということなんでしょうね。もしもLibraがこうした負を解消するものになるのであれば、それは利用者にとっては大変ありがたいことだと思います。

ゆうちょ銀、海外送金500万円に制限
https://newspicks.com/news/3982601/
パートナーがいることや、環境に配慮してマイニングをしない、など独自の観点も面白いです。パートナーにも金融だけではなく、Tech企業も名前を連ねていて、この監視体制がどう影響し、作用していくか気になります。
金融サービスの新天地を築いていけるのか、様々な企業がこの数年間取り組んでいることが、巨大なユーザーを持つFacebookが様々な障壁を越えていくのか、これからが楽しみですね!
FBがリードして開発しているLibra。投機対象としてのコインではなく実需をイメージできるプロダクトが出てきましたね。

アライアンスパートナーの豪華さももちろんですが、従来の仮想通貨と異なり価格が安定しやすいステーブルコインであることが特徴の一つと言えます。

Libraの場合、価値の源泉をPoWやPoSのようなアルゴリズムに依拠するのではなく、既にある別のモノに価値の源泉を置くスキームです。複数の法定通貨を、発行相当額分銀行に信託することで価値を保全するようです。

日本の場合、法定通貨建てのステーブルコインは通貨建て資産に該当しますので、取り扱う場合は仮想通貨交換業ではなく、資金移動業の登録か銀行のライセンスが必要になるという解釈が一般的です。

そうなると様々なハードルが出てくるわけですが、ここは米国に遅れない為にも、法的な整備も含めてやっていかねばならない点だと思っています。

私は、このステーブルコインがデジタル通貨の主流になっていくと考えています。今後もLibraの動向から目が話せません。
Facebook のリブラがどのようなサービスとなるのかはまだ分からない。各国の金融規制とどう折り合いをつけるのか、これからの議論だろう。ただし、暗号資産だから、ステーブルコインだから、ブロックチェーンを使うから、特別なことができるとは考えない方がいいだろう。
 もしFacebookのユーザー間でドル建てで自由に送金ができる仕組みができて、それが国際的にも可能になるのだとすれば、当然、犯罪や脱税やテロ資金調達を目的としたマネロンに対する対策が必要になる。Facebookを使えば国際送金し放題となったら、それはそれで便利だろうが、犯罪や脱税に使う側にとっても便利になる。したがって、現在の国際送金で要請されているマネロン対策と同等以上のものがなければ、規制の尻抜けになってしまう。それは、技術の問題ではなくて、社会の秩序をどう維持するかという問題だ。
 インターネットで世界中が繋がったことは素晴らしいことだが、ことお金のやり取りに関しては、国境の壁が存在する。一定の規制に従うならば、国際的な送金ができないわけではないが、コンプライアンスを維持するにはある程度のコストは掛かるものだ。現在の各国の国家の枠組みを前提に、犯罪防止や消費者保護といった目的を考えれば、それは仕方のないことだろう。
Facebookの新仮想通貨「リブラ」人によって反応が大きく違って面白い。後で詳しく僕の意見はまとめますね。第一印象は仮想通貨というよりも新しいスマートコントラクトプラットフォーム。仕組みはイーサリアムより新しいけど、Cosmosとかみたいな新しい世代のような斬新さはない。かなり保守的。一番重要なのはトークンやPFというより、WhatsAppやメッセンジャーがウォレットになるということ。ユーザー数が飛躍的に増える。しかもユーザーはブロックチェーンだということを意識せずに。dappsのプラットホームとしては大きな可能性があると感じた。後、リブラは初期アメリカ以外の国でスタートになると思う。法的整理が多少時間かかりそう。他の国にとっては大きなチャンス。まだ詳しく読み込んでないので、後で意見は変わるかもですが、初見の感想です!

追記
軋轢を恐れずにイノベーションに邁進するスピード感と度胸は伝統的な大企業には真似はできないところ

米下院金融サービス委員会の委員長、民主党のマキシン・ウォーターズ議員はフェイスブックに対して仮想通貨の開発を中断するように要求した。
https://jp.cointelegraph.com/news/chair-of-house-financial-services-committee-requests-halt-on-facebooks-crypto-project
国際間決済手段としては最適ですね。メッセンジャーを押さえているからかなり親和性が高い。
昨日発表されたフェイスブックの独自仮想通貨「Libra」のことがわかりやすくまとまっていてありがたい。
今回、リブラはホワイトペーパーを日本語でも公開しています。こちらに目を通すとさらに詳しい内容がわかってきます。
Libra・ホワイトペーパー
https://libra.org/ja-JP/white-paper/#introduction

Libra公式サイト
https://libra.org/ja-JP/
下記がホワイトペーパー(日本語)。自分として気になったのは、下記の点。
・問題意識としては金融へのアクセス(金融包摂、Financial Inclusion)で、先進国より新興国を意識しているように見える(新興国向けのFacebook Liteなどとも繋がる問題意識)
・ステーブルコインという裏づけ資産があるデジタル通貨。ただ裏付けは複数通貨のバスケット
・ブロックチェーンは、オープン型(ビットコインのように誰でもアクセスできる)ではなく条件を満たした参加者だけがアクセスできるパーミッション型(コンソーシアム型)。将来的にはオープン型にしたい意向は示している
https://libra.org/ja-JP/white-paper/

個人的には、新興国はともかく、どういう導線があるとFacebookで決済をしたくなるかというのが見えていない。行動は習慣だし、Facebookでの日常的な行動は明示的にユーザーの送金・受取に紐付くものは少ない。サービスとして使われている≠そこでユーザーが全ての行動をする。逆に言うとそこの整備がキー。
新興国では、情報インフラ全部を担いにいく(金融も情報の一種)という観点では、ありうるかもしれない。

ただ個人情報関連の外部環境リスクが一層高まっている中で、お金というのは極めてデリケートで、シリアスな扱いが必要。リスクをとらずに新しいサービスは生まれないものではあるが、Facebookへの昨今の評価も含めて考慮すると、リスクを良くも悪くも高める方向の新サービスだとは思う。

株価は+2.6%でスタートしたが、-0.29%。指数がS&Pで+0.97%、NASDAQ+1.38%と上昇した中では劣後した。それが一番最初の市場評価。
Facebookの仮想通貨構想。かつてそれはFacebook Creditsと呼ばれていましたが、ローンチ後すぐに撤退しました。そして今、リブラはブロックチェーン技術を使っているところだけが違う。

リブラはステーブルコインという位置付け。であれば、わざわざリブラに換えなくてもドルや円でいい。交換の手間がかかる。

交換の手間と為替の分かりにくさがFacebook Creditsが失敗した原因です。それはリブラで解決されているのか、疑問です。

それにFacebookはリブラ分の資金を全額担保しなければならない。流動性の低い資金を集めてどうするのでしょう。マネタイズの方法が見えません。
グローバル企業が、国境を越えて疑似的な国家のようだという議論は、80年代からあった。しかし、今回いよいよ国家の通貨発行権の機能をfacebookがもつことになる。

国家という枠組みとしては、自分達のレジーム維持の根幹にかかわる権力を侵害してくるので、相当抵抗感があるはず。リブラは本当にはじまるにしても、米国以外から、そして米国政府との折り合いをどうつけらえるかクリティカルになってくるだろう。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
57.6 兆円

業績