体当たりで漁業を変革したシンママ。次の針路は真珠文化再生

2019/5/3
水産業の六次産業化の先駆け
坪内知佳、32歳。日本海に浮かぶ山口県の島、萩大島の漁師をまとめ上げて萩大島船団丸を結成し、その日に獲れたばかりの魚を契約先に直送する「鮮魚BOX」を考案した。『カンブリア宮殿』『金スマ』など、多くのテレビ番組に取り上げられてきたから、見たことがあるという読者も多いかもしれない。
彼女が中心となって、60人の漁師からなる萩大島船団丸を設立したのは2010年10月。翌11年、いわゆる「六次産業化法」が施行されると、11年5月には中国・四国地方で第1号の認定事業者に選ばれている。
今でこそ全国で見かける海産物の産地直送だが、坪内は獲れた魚を船上で血抜きし、水揚げ直後に配送する「船上直送」を実現した。
いち早く六次産業化に乗り出した萩大島船団丸は、市場に卸せば1000円程度の鮮魚の詰め合わせを、1箱5000~7000円で直販。売り先ゼロからスタートした「鮮魚BOX」だが、今や契約件数は500件に達した。
「鮮魚BOX」を始めた頃から漁獲高が半減する危機的状況にありながらも、鮮魚BOXの売り上げは毎年1割ずつ伸びており、漁業者の所得は1.2倍になった。
ちなみに、萩大島船団丸の代表に就き、「鮮魚BOX」を売り出した2011年当時、坪内は24歳、3歳の子どもを抱えるシングルマザー。漁師の家系でもなければ、萩市出身でもなかった。
コンセプトやビジネスモデルだけを考えたコンサルタントのような存在だったわけでもない。魚の箱詰めなど、仕事が増えて不満を漏らす漁師を説得するのも「鮮魚BOX」の売り先を開拓するのも、坪内の役割だった。
時には仲間の漁師と激しい言葉で言い争い、取っ組み合いのケンカをしたこともある。サービスを始めてから数年間は、子どもを保育園に預けて、最も近い大都市・大阪で1日4件の商談をこなし、萩市にとんぼ返りするという日々を過ごすこともあった。
会食が重なった時には、トイレで吐いておなかを空にしてから臨んだ。その結果として今がある。
なぜ、縁もゆかりもない土地で、一筋縄ではいかない仲間たちを率いて、ここまでやりきるのか?その答えは、注目の女性起業家として、今やメディアから引っ張りだこの坪内だけを見ていては分からない。
(提供:ギブリ)
オフィスに子ども部屋
坪内が2014年に立ち上げた株式会社「GHIBLI(ギブリ)」は、鮮魚販売の他に、旅行部門、環境部門、コンサルティング部門を併設。
平屋のオフィスには7部屋あり、そのうちの1部屋には、おもちゃとベッドが置かれている。ギブリの女性スタッフ6人、それぞれの子ども計8人が遊んだり、休んだりするスペースだ。
8人の子どもたちは、ここで1日を過ごす。母子ともに、互いに目が届く距離にいるから安心できるし、保育園の費用も保育園の送り迎えも不要というメリットがある。
ここでは、夕刻になるとスタッフの一人が大量のご飯を炊き、おかずを作る。終業時間になると、それぞれがプラスチックの容器などに家族分の晩ご飯を詰めて、子どもと家に戻る。女性スタッフが仕事を終えて帰宅した後、食事を作る手間が省ける仕組みになっている。
例えばスタッフの一人が「1週間後の夜に開催されるセミナーに参加したい」と申し出たとする。その日は他のスタッフがセミナーに行った女性の子どもの面倒を見る。
家族の用事があり「翌日は正午から働きたい」というスタッフは、自宅で家族と21時まで過ごす。子どもを寝かしつけた後、オフィスに戻ってきて3時間だけ仕事をする。
仕事が立て込んで、大半のスタッフに残業が必要な日もある。その時は、子どもも含めて、みんなでご飯を食べる。風呂に入れる時間になると、子どもたちを並べて端からシャワーをかけ、体と頭を洗う。
そうしたら、あとは帰って寝るだけ。「私も何回もお風呂に入れました」と坪内は笑う。
「ワーク・ライフ・バランスと言われるずっと前、萩大島船団丸を立ち上げた8年前から、うちはこのスタイルですよ。
スタッフが妊娠しようと出産しようと、結婚しようと離婚しようと構いません。自分が働くなら、そういう会社がいいと思うし、自分だったらどういう経営者についていこう、一生懸命働こうと思えるかを考えて、今の形にしました。
一緒に働くんだから、みんなで助け合えばいいと思うんですよ」
坪内が萩大島船団丸の営業で大阪に通っていた頃、子どもは24時間保育に預けざるを得なかった。家族は萩市まで片道7時間の距離がある福井にいて、頼ることはできなかった。長時間の世話を頼めるほど親しい友人もいなかった。
その孤独が、今のギブリのワークスタイルにつながっているのだが、原点はもっとずっと前、幼少時代にまでさかのぼる。
喫茶店で考えたこと
坪内家は祖父も父親も起業家。さらに福井駅前では、祖母、叔母、母親の3人が喫茶店を開いていた。
その店は福井駅近くにオフィスを持つ企業の社員の憩いの場で、朝から晩まで人が絶えなかった。母に連れられた坪内は、物心つく前からこの喫茶店で過ごしていた。
店のなかでは、大人たちがいつも仕事の話をしている。手持ち無沙汰の少女は、いつの頃からか、その話に耳を傾けるようになった。
福井は経営者が多い県で、人口比の「社長輩出率」は2016年まで35年連続全国1位。喫茶店にも経営者が集まっていて、景気のいい話をしていることもあった。
だが、坪内の印象に残っているのは個人保証や連帯保証に絡む、耳をふさぎたくなるような話だった。
顔見知りだったお客さんが突然来なくなり、大人たちが深刻な顔で、その人の話をしている。子どもながらに、何が起きたのか理解するようになると「なんでそうする必要があったの?」と疑問が湧く。
それを大人に尋ねても「大人の世界のことだから……」「……子どもは黙っておきなさい」と濁された。
それが何年も続くうちに、誰も教えてくれないから、一人で考えるようになった。
「仕事って何のためにするんだろう? 私の知り合いが困っていたら、自分に何ができるだろう?」
その答えは出なかった。だが、大人から「子どもには分からない」と言われることに常々腹を立てていた坪内は、中高生になると「知ること」に猛烈な意欲を燃やすようになる。
「人よりもいろいろなことを知りたかったんです。子どもという事実はどうにもできません。でも、『分からない』ことは克服できるかもしれないから、どうにかしておこうと思って」
いくら本を読んでも、勉強しても、人の話を聞いても、「知りたい」「理解したい」という意欲は衰えず、いつも「時間が足りない」と思っていた。
だから食事と風呂と睡眠時間は削れるだけ削ったし、眠っている間も何かを吸収しようと試行錯誤した。
「寝ながらどう勉強しようか考えて、寝ている間にテープを流したこともあります。数学の問題を凝視して目に焼き付けて、このまま寝たら夢でもう1回それができるかもと考えたことも。何回かはうまくいきましたよ(笑)」
結婚と離婚
坪内の関心は国境を超えた。世界を飛び回るキャビンアテンダント(CA)を目指し、高校時代に1年間、オーストラリアに留学。さらに英語力を磨くために、大学は名古屋外国語大学の英米学科に進んだ。
ところが大学1年、19歳の時に高熱を出して倒れてから、人生の航路が変わる。なかなか原因が特定されないまま40度前後の熱が続くなか、何軒目かの病院で「悪性リンパ腫の疑い」と診断される。
もしその場合、余命半年だと知らされた。
結局、悪性リンパ腫ではなく、命に別条はなかったが、大学1年の9月から12月までの4カ月間、ほぼ寝たきり。その後も微熱が下がらず、体力がみるみる衰えていくなかで、CAになるのは難しいと自ら判断した。
いつ、何が起きて人生が終わるか分からないと実感した坪内にとって、時間の価値はさらに高まった。
もともと、若いうちに結婚して子どもが欲しいと思っていた坪内は、予定を前倒しするように大学を中退して、恋人と結婚。夫の勤務地の萩市に移り住んでから間もなくして、男の子を授かった。もしかしたら、19歳にして余命半年の宣告を受けた影響で、最も分かりやすい生きた証しを早く残したいという思いもあったのかもしれない。
2年後の2009年、坪内はシングルマザーになっていた。福井には戻らず、萩市に残り、一人で子育てする道を選んだ。アパートを借り、母子ふたりで食べていくために、得意の英語を生かそうと翻訳事務所を立ち上げた。
とはいえ、萩市内だけでは生活できるほどの英語の需要はない。そこで坪内が連絡したのは、大学時代の恩師たちだ。
坪内は大学生の時、自ら申し出て複数の教授のアシスタントをしていた。アルバイト料をもらい、翻訳やテストの採点などを請け負っていたのだ。
授業は無遅刻無欠席で成績はAプラス。大学2年生で学校を去ったが、大学の教授たちは漏れなく坪内のことを覚えていた。事情を話し「何か仕事はありませんか?」と言うと、それぞれがテストの採点や翻訳などの仕事をくれた。
だが、それだけの収入では生活費が足りない。
昼間は調剤薬局で事務のアルバイト、夜も週に1、2日は飲食店でアルバイトをした。夜に働く日は、同じアパートの隣の部屋のおばあさんが子どもを預かってくれた。
漁労長からの相談
仕事、家事、子育て。昼も夜も追われるように働く日々のなかで、転機が訪れた。
萩市の観光協会から翻訳の仕事を請けたのが縁で、旅館の仲居さんへの語学指導と繁忙期のサポートをすることになった坪内は2009年12月、旅館の宴会場にいた。
忘年会シーズンで宴会が続き、その手伝いをしていたところ、萩大島の松原水産という船団で漁労長をしていた長岡秀洋と知り合った。
2回目に会った時、これも何かの縁と「翻訳やデータ処理、企画の仕事をしているので、何かあったら声をかけてください」とあいさつをすると、間もなくして長岡から名刺のレイアウトや事務仕事の依頼があった。
そして年が明けた2010年1月、喫茶店に呼び出された。そこには長岡の他に、同じ萩大島で巻き網漁の船団を持つ2人の社長が来ていた。
「魚が獲れなくなって先行きが不安だから、何か新しいことをやりたい。でも何をどうしたらいいか分からない」という相談だった。
巻き網漁とは7、8隻の船が組んで大きな網を投げ込み、魚を一網打尽にする漁法。調子がいい年には、萩大島の1つの船団で3億円以上の売り上げがあった。
だが近年、漁獲量はピーク時の4分の1ほどに落ち込み、さらに商品価値のある魚は半減。売り上げから支払われる燃料代などの設備費は高騰し、経営が厳しくなっていた。
このままじゃダメだという危機感から、直販など新規事業開発の動きもした。
だが獲った魚を漁協=市場に持っていくことだけが仕事の漁師にとって、パソコンを使ってやり取りするだけでもストレス。営業や交渉などがうまくいくはずもなく、どうにかしなきゃと焦りを募らせていた。
そんな漁師たちにとって、パソコンを使いこなし、英語を流暢(りゅうちょう)に話す坪内は希少な存在だった。
「人のために生きればよかった」
その頃の坪内は漁業の「ぎ」の字も知らなかったが、「月3万やるけえ、俺らの未来を考える仕事、手伝ってくれんか?」と頭を下げられて、あの日のことを思い出した。
「19歳で余命半年と言われた時、私が死んだら『知佳ちゃん死んじゃって残念だね』って誰が言ってくれるかなって考えたんです。
その時の私は多分『大学の時に死んだ友達いたよね』ぐらいの存在でしかなかったから、『もっと良いことしとけば良かった』『いろんな人に会って関わって、人のために生きれば良かった』と思ったんです。
そうして『ああ、あの人死んじゃったの。残念だね』ってたくさんの人の思い出に残りたいなって」
自身の体のことも思い浮かんだ。19歳の時の原因不明の病は、後に化学物質過敏症と判明。坪内にとって、食の安全性は他人事ではない。
そんな中、安心して食べられて、なにより頬がとろけるほどおいしいと感じたのが萩大島の天然魚だった。
長岡の不器用ながらも真剣な訴えを聞き、直感的に「この人たちは本気で助けを必要としている」と感じた坪内。離婚して、子育てをしながら女手一つで新しい人生を模索していた坪内が進むべき道を見つけた瞬間だった。
ここから、3つの船団が組んだ萩大島船団丸が生まれ、2011年から「六次産業化法」の認定事業者として「鮮魚BOX」の事業が始まった。認定を受けるための膨大な書類を準備し、長岡から「難しいことはよう分からん」と言われて代表にも就いた。
(提供:ギブリ)
幾重にも立ちはだかる壁
「地位は人をつくる」という言葉があるが、代表となり、船団の命運を託された坪内は、ジャンヌ・ダルクさながら、仲間たちを率いて目の前に立ちはだかる壁を突破していった。
一般的な漁業の流れを説明すると、漁師は獲った魚を漁協が運営する市場に持っていく。その魚を漁協で加工したり、箱詰めにしたりして仲買人に渡す。
仲買人は卸に魚を流し、卸がスーパーなどの小売店に販売する。坪内たちが目指した直販は、漁協から卸までの中間業者を全て省くビジネスモデル。だからこそ漁協を通すよりも高い利益を期待することができる。言葉にすると簡単だが、実際は大難関だった。
漁協、仲買人、卸、それぞれの関係者にとって、「鮮魚BOX」は自分たちの売り上げを減らすだけの厄介者。当然のように「和を乱すな」と、脅しに近い苦情が入った。船団側にもそれを無視できない理由があった。
船団が船や網を購入したり、修理したりする時、その資金を融資するのが漁協。船の燃料や魚を冷やすために使う氷を管理しているのも漁協。
もともと直販をやりたいと言っていた漁師にとっても、漁協と関係が悪化したら干されてしまうという恐怖感があったのだ。しまいには、漁協の反応を気にした仲間内からも「俺らを潰す気か!」と怒りの声が上がるようになってしまった。
それでも坪内はひるまず、漁協側、船団の漁師とコミュニケーションを重ねた。
「獲れた魚の大半は、これまで通り漁協に回す」「鮮魚BOXで出荷する分も、漁協と仲買人に手数料を払う」「船団の水揚げが少なかったり、漁に出られなかったりする日は、市場から魚を買って鮮魚BOXの不足分を賄う」ということで決着をつけた。
ある日の鮮魚BOX(提供:ギブリ)
会社は勝手に大きくなる
「鮮魚BOX」のオペレーションも、一から考えた。契約者は価格だけでなく、新鮮な魚を目当てにこのサービスを利用する。鮮度を担保するための一連の流れは、以下のようになる。
船団は15時ころに出航し、21時ころに巻き網を投入する。24時ころになると、船団長の長岡から坪内のもとに、何が獲れたのか随時、写真付きでLINEが入る。
それを受けて顧客に情報を流すと、各地からどんどん注文が入ってくる。その注文内容を長岡に戻すと、漁師が船の上で魚の血抜きを始める。
そして深夜1時、2時に船が帰港すると、朝方まで箱詰めと発送作業が続く。このオペレーションによって、早ければ発送当日に魚が届く。
この流れも文字にすればシンプルだが、当初はトラブルが絶えなかった。契約先に注文と違う魚が届く、注文を受けたのに商品が発送されていないなど……。
なぜ、こういう初歩的なミスが起きるのかと言うと、漁師たちにとっては不慣れな作業だからだ。
それまでは、魚を獲って漁協で水揚げしたら、帰って寝ることができたのに、箱詰めと発送作業が入った。鮮魚の箱詰め、配送は丁寧な仕事が要求されるのに、早く家に帰って寝たい漁師たちは手っ取り早く済ませようとする。
だからクレームが頻発した。坪内は漁師からの不平不満を聞き、やる気を出させるために鼓舞。その一方で、契約先には頭を下げながら、地道に作業を改善していった。
箱詰め作業の様子(提供:ギブリ)
これに加えて、大阪に出向いて営業もしなくてはいけないのだから、坪内の負担は並大抵のものではなかった。しかし、漁師と取っ組み合いのケンカをしても、クレームの電話をいくら受けても、投げ出そうと思ったことはなかった。
なぜなら、萩大島の漁業を守り、豊かな環境を守り、漁師たちの仕事を守るという目的があったから。
その目的を達成するために、ささいな出来事にはとらわれない。「前進あるのみ」と考えていたからだ。
「この仕事を始めた時、私は子どもの故郷である、この島や海を守りたいと思っていました。そのために、私は自分が正しいと思うことを1日1日、1分1秒をこなしていくだけなんです。
事業が大きくなるとか、儲かるとかっていうのは結果なんですよね。人の役に立ち、誰かの何かにかみ合った時、会社って勝手に大きくなるし、人が集まるし、市場も勝手に広がるから」
ジュエリーブランドを立ち上げ
荒くれ者の漁師を率いる坪内と萩大島船団丸の取り組みは大きな話題になり、メディアには何度も取り上げられた。しかしまねをしようと思っても、簡単にできるような仕組みではないのは、先述した通り。
そのうちに坪内の知恵を借りようと、日本全国から問い合わせがくるようになった。その声に応えるために、2014年に立ち上げたのがギブリ。社名は、サハラ砂漠から地中海に吹く熱風を意味する。
坪内は今、萩大島船団丸の代表を務めながらコンサルタントとして、高知、北海道、鹿児島のクライアントと漁業の六次産業化に挑んでいる。
最近始めたのは、真珠の事業だ。真珠は日本最古の輸出品の一つと言われており、中国の『魏志倭人伝』にも記述がある。奈良時代には天皇の衣冠束帯にも使用されるなど、その歴史は深い。
現代では、真珠も水産物の一つとして、基本的には魚を扱うのと同じ仕組みで成り立っている。だが、近年、コットンパールという真珠を模したプラスチックが出回り、ジュエリーとしての真珠のニーズと消費が落ちている。
それに伴い、真珠の養殖業者が激減。真珠をジュエリーに加工してきた腕利きの職人の仕事もなくなった。
その窮状を知った坪内は、大手の宝石店が扱う1粒何十万、何百万円の真珠ではなく、これまで規格外とされてきたなかでも質の高い真珠を買い取った。そしてジュエリーデザイナーと組み、オリジナルブランドを立ち上げ、職人に仕事を回す仕組みを作った。
ギブリで取り扱っている真珠(提供:ギブリ)
現代的なデザインで、なおかつより手に入りやすい価格にしたジュエリーを世に出すことにより日本の真珠の伝統を継承し、産地や事業者、職人を守ろうという思いがある。
「昨年5月に最初の真珠を仕入れたので、ちょうど1年経ちました。今はまだ試作段階なので、私が手売りをしているんですけど、すごく評判が良くて、既に100個以上は売れてますね。
世界では日本の真珠の評価は高いし、ニーズがある。日本が誇る職人の技術、クオリティを守る市場を作っていきたいと思っています。
さらに、うちの真珠を通して、みんなが海や環境の保全に目を向けてくれたら、この事業の意味があるじゃないですか」
本格的な真珠事業の第1弾として、この4月からクラウドファンディングを始めた。日本の真珠の価値を伝えながら、生産者と職人を前面に出し、誰が作った真珠を誰に加工してもらうか選択できるようにした。
そうすることで、これまで裏方でしかなかった生産者と職人の存在をクローズアップし、新しい仕事につなげようという狙いもある。
真珠の工房で職人と打ち合わせ
みんなが思い合える世の中に
今やすっかり水産業の救世主のように扱われている坪内。だが、海や魚、漁師のことだけを考えているわけではない。
これに限らず、ギブリの事業部は全て「誰かのためになること」を考えて作られている。
萩大島の視察を希望する団体や組織に対応している旅行部門は、旅行会社に勤めていた知人がリストラに遭い、その人の仕事を作るために立ち上げた事業だ。
環境部門は「資源の有効活用や環境保護」を担ってきたが、これも知人が仕事に困っていることを知って設立した。最近、その人が別の会社に就職することになったので、部門を閉じた。
一番新しいアート部門は、対人恐怖症で言葉を発することができない女性と知り合い、スタッフに迎え入れたことから始まった。
その女性は魚や植物をモチーフに、繊細な絵を描くのが得意なので、提携しているジュエリーショップで原画展を開催。さらに、その女性がデザインしたジュエリーを宝石職人が加工して、審査会に出すという話も動いている。
「彼女とは直接話せないから、毎日LINEで会話しているんだけど、何か表現したいものがあるなら、それでマイノリティが救われたらいいなって思うんです。少しでも経済活動ができるようになったら、自立もできるし。
職人さんもやる気で、もしかしたら賞が獲れるかもしれないなんて、みんなで盛り上がっているんですよ」
ここで僕は「『そんなの利益にならないのでは?』と聞かれたら、なんと答えますか?」と、意地悪な質問をした。
すると坪内はちゅうちょすることなく「でも、誰かの心に響けば、必ずなると思うんです」と答えた。
そして、こう続けた。
「萩大島の仕事を続けてきて、やっぱり人のために仕事をすることが正しいんだなって思っています。私たちがやっていることを見て、世の中がちょっとでも良くなったらいいな。
一度きりの人生だから、好きなスタッフと楽しく仕事したいし、気持ちよく生きたい。みんなの人生がそうあってほしい。みんながみんな思い合える世の中であってほしいんですよ。
息子には、私が死んだ後、『お前のお母さんに世話になったから』とか『あの人の子だから助けてやるよ』とか言ってくれる人のつながりを残したいですね」
子どもの時の疑問。「死ななきゃいけないほどの仕事ってなんだろう? 私が知っている人が困っていたら、自分に何ができるだろう?」
19歳の時の後悔。「いろんな人に会って関わって、人のために生きればよかった」
ふたつの思いを胸に、彼女は今日も針路を取る。熱い風に吹かれて。
(執筆、写真:川内イオ、デザイン:九喜洋介、堤香菜)
一歩目のキャリアは、シングルマザーとして必死に食いつないだバイトざんまいの日々だ。中退した大学の教授に頼まれた英語の翻訳やテストの採点、調剤薬局での昼間の事務、そして夜間の飲食店でのバイト。一見するとキャリアとは呼べないものの集積のように見えるが、それは違う。
坪内さんの場合には、もともと英語が得意だったのだし、幼い頃から両親たちが経営していた喫茶店での、大人たちとの会話で養われたコミュニケーション能力が磨かれた。
何が転機になるか、その直前まで誰にも分からない。実際、チャンスをつかもうと意図を持ってバイトしていたわけではないだろう。ただ。親子が食べていくために必死だった。ところがそこに転機がやってくる。
萩市出身でもないし、漁業に詳しかったわけでもない坪内さんが、萩市の観光協会から翻訳の仕事を請けたのが縁で、旅館の仲居さんへの語学指導をすることになった。そこで知り合った漁労長から、たまたま名刺のレイアウトを頼まれたことがきっかけで、魚の直販に関わる相談を引き受ける。
最終的には、萩大島船団丸の女将役の代表として飲食店に「鮮魚BOX」を宅配する新規事業を始めることになった。
二歩目のキャリアは、この獲れた魚の直販事業「鮮魚BOX」を軌道に乗せる過程になる。だが、その直前まで、一つ一つの出会いや頼まれた仕事はそれほど“劇的”というわけでもない。周囲の誰も、彼女自身も、まさか直販事業がここまでになるとは思いもよらなかったはずだ。
でも、漁師たちにとって、パソコンを使いこなし英語を流暢に話す彼女は、希少な存在だった。パソコン×英語×コミュニケーション能力のまだ小さな三角形。都会ではそんな人はいっぱいいるかもしれないが、萩の漁師たちには新鮮で「希少性」があった。ここはポイントだ。都会では埋もれてしまう能力や技術が、農村や漁村では武器になる可能性があるということ。
仕事の価値も、需要と供給の関係で決まるのである。
そして彼女はチャンスをつかんだ。「チャンスの神には後ろ髪がない」と言われる。目の前を通り過ぎるのも早足だ。そこでつかんでしまえるかどうかは、引き受けるかどうかに悩んでエネルギーを使うのではなく、引き受けてしまう覚悟にかかっている。
なぜなら、始めてからのエネルギーの方がよっぽど大事になるからだ。
彼女は、初めから経営者に向いていたというわけではなかったと思う。できるかどうか分からないが、自分がそういう役割を引き受けることで、経営者に成長していったのだ。
事業というのは信用を創り出す行為であり、企業の目的は「顧客の創造」であるというドラッカーの言葉を彷彿(ほうふつ)とさせる。
三歩目のキャリアはギブリの起業、そして真珠事業や旅行事業への展開だが、まだこの物語は始まったばかりだ。
自分自身の故郷ではないが、息子の故郷となったこの島や海を守りたいという根っこがある限り、その試行錯誤には、多くの人々の協力が得られるに違いない。