新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
必ずしも規格化されていないEVの電池。自動車に積んで性能を発揮するには個々のセルを組み合わせたモジュール化の技術が重要で、そこをどちらが握るかで完成車メーカーと電池メーカーの力関係が決まるはず。モジュール化には個々のセルの特性を詳しく知る必要があり、完成車メーカーはそれを出させてモジュール化を含めた技術で総合的に車の性能を高めたい。電池メーカーは、セルの特性を極力出さず、自らモジュール化を図りたい。セルの特性が全て分かって自らモジュール化できれば、完成車メーカーは、中国でも韓国でも、新たな電池セルの供給者を捜して既存メーカーにコストダウンを迫ることが可能です。勢い完成車メーカーは、電池の供給に注文をつけて、電池メーカーの譲歩を迫ることになる。
技術者でもなく何が起きているか知る立場にもない部外者の無責任な感想ですが、電池メーカーと完成車メーカーの間にそういう葛藤の要素がある以上、緊張関係は必然的に生まれそう。互いに譲り合い信じあって円満で成熟した夫婦関係は築けるか・・・ (・。・;
下記でコメントしたが、特にここ1年は両者が互いに厳しさを感じていた状況なのだと思う。
2014年の協業開始の時には、VWのディーゼルゲートの前でもあり、今ほどEVシフトの予兆は示していなかった。しかし世の中全体でEVが以前よりはるかに注目を集め、各国政府も思惑含めて様々な規制・補助を行い、自動車メーカーも電池メーカーも各社取り組みが進み、そして様々な提携関係の変化なども起こっている。
そういうなかで関係性に変化が出てくるのは自然。
https://newspicks.com/news/3817306
先行き不明なテスラの生産台数見れば、頷ける話。

パナはごく当たり前の判断をしてる様に見えますが。
外からよその夫婦の関係はわかりません。しかし、上手く言っていないと騒ぎます。
わかっているのはパナソニックとテスラだけなのでしょうが、言うほど悪くない気がします。
いろいろ、あっても話し合い、理解しあって続けていくのが「夫婦関係」です。最近は3分の1が離婚するようですが、それでも60%以上は続くので私は修復できると思っています。
"両社は「かなり険悪な関係にあるようだ」"とアナリスト。
ギガファクトリーでは電池を独占供給してきたパナソニック。
テスラが新たに供給する会社を持つことがあるのか、今後の動向が気になります。
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.50 兆円

業績

時価総額
6.79 兆円

業績