新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、極めて重要である。
規格統一出来れば、コスト削減できる余地は
増える。
中国とかだと既にほぼ全て電動スクーター。これは法規制の影響が強いですが。あと、中国の電気代が安すぎるんですよね。アメリカも安い。日本は資源を輸入に頼ってるので仕方ないところもあるんですが、普及のためにももうちょっとやすくなってくれると。。。電気、燃料が家計に占める割合も上がってるので。
車にしろバイクにしろ、規格統一は必須です。

充電ステーションに入ったら、
「スズキのバイクは充電できません」
なんてことになったら、ユーザーにとって大迷惑です。

世界規模での規格統一をお願いします。
いっそバイク事業を統合して2社にできないか。どの会社も、開発企画生産要員は3割くらいで、その他は営業・管理・スタッフ。統合すれば、一社分の7割が不要になり、開発・企画・生産能力は2倍になる。4社もあるのはムダが多いと思うが。
二輪は日本ではなく新興国が主戦場にてぜひ日本メーカー勢にはそちらも頑張って頂きたいところです。
現在の販売台数をみても、各社の技術レベルだけでは競争力を保つのは難しくなってきています。

ここは規格づくりに留まらず共同購買や部品の共通化まで、EV市場で勝つための抜本的な改革が急務ではないでしょうか。
電動バイクが配達等で使われないのは、積載量が60kgまでになる小二輪の荷台付きカブみたいなのが無いからでしょう。原付じゃ配達使えない。
このクラスだとコストが見合わないんでしょうね。
中国でも4/15から電動バイク(実際には、見た目がバイクの電動自転車)が規制されるらしいし、ちょうどいいタイミングかも

https://ameblo.jp/camel-china/entry-12436913463.html

今のヤマハの原付バイクはホンダのOEMだったり、連携に向けた動きは以前からあった
素晴らしいですね。世界で唯一日本が独占的に強い業種なので、効果が大きいとお思います。
是非、日本の会社が主導して国際的な規格を作って欲しいです。
今のバイク市場の電動化に関しては、間違いなく有効だと思いますが、電動バイクは、バイクという名前は同じでも、全く市場が違うため、この標準化が、どこまで有効かは未知数ですね。

ユーザー層と、ニーズが従来のバイクとは、全く違うところが大きな課題だと思います。
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.68 兆円

業績

ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 ウィキペディア
時価総額
8,040 億円

業績