新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
そういえば,1年半前に,ある日本の会社を例に「イノベーションのジレンマ」を引用したことがあったなと思い出した.
https://newspicks.com/news/2512724
人気 Picker
アップル好きなのでバイアスは否めませんが。。クリステンセン教授は「どんなにうまくいっていてもそれは一時的にうまくいっている戦略だと思え」と言っています。そういう意味ではiPhoneを中心としたエコシステムである以上安泰ではないのかもしれません。実際にiPhoneほどファンシーでなくても十分な機能が揃っているスマホはあるわけだし。

でもiPhoneほどAIを身近に、みんなのポケットに入る形で届けた商品は今までなかったと言えます。そこから期待できるのはやはりSiriと、それを搭載した次なるインターフェースの開発かなと思います。

25日のイベントはストリーミングコンテンツの発表と世間では言われていますが、、新しいデバイスに期待したいですね!何れにせよ楽しみです。
イノベーションのジレンマは、多くの大企業に起こりうる事象で、前職のソニーもそのジレンマにどっぷりと嵌り、多くのソニーファンをAppleに持っていかれました。

そのAppleが今度は、そのジレンマに陥っているという状況はなんとも皮肉ですが、強烈な創業者がいなくなると、多くの企業が停滞してしまいます。それを防ぐ為にも、自分たちの強みをもっと明文化し、時代や人に頼らない「勝ちパターン」を継承していかないといけません。

今のAppleは、一時のソニーと同じで、自分たちの「勝ちパターン」を完全に見失っているように映ります。ただ、Tim Cockではなかなかその「勝ちパターン」を実践していくのが難しいというのが、現実なんでしょうね。。。
私はアップルが音楽産業を破壊したようにメディカル産業を破壊すると予測しています。

●第2章アップル×ファーウェイ
~プラットフォーマーとハードウエアメーカー。「ショック」をどう越えるか
[Apple]
・1アップルの事業の実態は?
・2アップルの5ファクターは?
・3「ブランド論」としてのアップル
・4プライバシー重視への強いこだわり
・5メディカルビジネスのプラットフォーマーに
[HUAWEI]
・6ファーウェイの事業の実態は?
・7ファーウェイの5ファクターは?
・8他社にはない3つの特徴
・9メガテックの争いの中で今後の立ち位置は?
・10チャイナリスクと「ファーウェイ・ショック」後の世界
日本流のジンクスで、新本社を建てると会社が傾くというわけではないのでしょうけれど、守るものが大きくなればなるほど冒険できなるという側面はあると思います。前にも書きましたが、その辺りは中国スマホメーカーの方がはるかに野心的。ティム・クックCEOは良くも悪くも常識的で、アップル経営陣を含めてテスラのイーロン・マスクやアマゾンのジェフ・ベゾスのような、世の中を変えようという狂気があまり感じられないところがちょっと心配です。

そういえば、『ジョナサン・アイブ』『スティーブ・ジョブズの流儀』などのアップル本で知られるThe Cult of Macの在米英国人ジャーナリスト、リーアンダー・ケイニー氏の新刊”Tim Cook: The Genius Who Took Apple to the Next Level”が4月16日発売になります(たぶん翻訳本も近いうち出るかと)。果たして、クックCEOには今後もアップルをさらに一段上のレベルに引き上げる力量があるのか、気になるところです。
https://www.amazon.co.jp/dp/0525537600/ref=rdr_ext_tmb
文中からの引用。以下は、未来形の文だが、私は、過去形が適切だと思う。
今でもApple教信者は多いが、どうやら私はSteve教信者だったようだ。

メカとソフトのバランスのとれた美しい芸術品、iPhoneSEを境にしてピークアウトした印象を拭いきれない。

「クパチーノの宇宙船は今後も繁栄していくだろう。ただ、未来のアップルは、わたしたちの知っているアップルとはまったく違う企業になってしまうはずだ。」
まさかの「ヴェイ」!

NP以外でこの表記は見たことなかったですが、波及しましたかね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
128 兆円

業績