新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「令和」に使われた「令」は初めてですが「和」は元号としては20回目の使用です。日本人好みなのでしょう。聖徳太子の「和を以って尊しと為す」以来、この「和」は諸刃で、秩序の維持にはよいが、すべてを曖昧にする要素も含まれています。
日本人の意思決定は、誰がしたかわからない、つまりしない、そういう仕組みが「和」に通じるという陥穽があります。霞ヶ関の事務次官はなぜ一年交代なのでしようか。ゴーンさんのようにどんどん決めてしまうといつかやられる、田中角栄もそうでした、同質性を前提にした嫉妬心も「和」を補強しているところがあります。無難に長続きするには門閥・学閥・閨閥に溶け込むしかなく、決して出る杭にはならない。民間企業まで蝕んでいる病いですね。
「和」のよいところもたくさんあるのですが、目立つことを恐れていてはオリジナリティが育ちません。
日本には「意思決定の中枢がない」、責任の所在が不明確、リーダーシップの不在、というのはよくいわれてきた問題です。ただ、これが天皇に由来するものであるかどうかはかなり疑問です。丸山真男は戦後すぐに発表した『超国家主義の論理と心理』で、日本社会の決定者不在と責任の所在の不明であることの原因を天皇制に帰しました。
 明治維新にしてからが、天皇を担いだはずでしたが、天皇は意思決定者ではなく、密勅やご宸翰が横行しました。江戸幕府の将軍のほとんども意思決定などしなかったし、江戸時代のお殿様も多くは「そうせい、そうせい」という言うばかりで意思決定などしないことがむしろ美徳とされてきました。ことによると、明治天皇は当初、島津家をモデルにした薩摩人たちによって強力な指導者として育成されようとしていたのが、西郷らが下野して、長州人たちが毛利家風の君主にした、といった議論もできるかもしれません。
 天皇の空虚さということについては丸山だけではなくロラン・バルトなど様々な分野でいわれてきました。それとは対照的に、常識外れの指導力を発揮した後醍醐天皇をとり上げたのが網野善彦の『異形の王権』(1986)です。天皇に日本社会のカギがある、という見方は20世紀を通して国内国外で多くありましたが、よく見るとその論じ方は変化してきています。
"昭和16年夏の敗戦"を学生時代に読んで、論理的に導き出された敗北のシュミレーションを、うまく意思決定に反映できず、破滅的戦争に突っ走る当時の政体や軍部に驚くとともに、自分はそんな大人になるのだけはゴメンだと思っていました。

しかし、実際には、目の前の患者さんが第一という論理と、際限なくドンドン膨れ上がってどう見ても国を傾けているとしか思えない社会保障体制という現実に引き裂かれ、しばしば思考停止に陥ってしまう情けない大人になってしまったなあ…と最近、慨嘆する事、頻りです。
(誤字修正)
猪瀬さんは、僕がとても信頼してるノンフィクション作家だ。特に僕がとっても弱い日本の財政などの運営問題について非常によく取材して明快に構造を書き上げている。「日本国の研究」などはその素晴らしい作品だ。
少々ネタバレですが、昭和16年夏の敗戦、ではその原因を明治憲法の統帥権と国政の法制度の不備を陸軍の大物である山県たちがカバーしたとあります。要するに軍の暴走を文民が止める法的な根拠がない。なるほどと唸ってしまいます。よくある東條英機悪玉論のイメージが180度変わります。
"明治維新のときから中枢が不在になる可能性があるという制度的な不備があった。それを元老たちが人治でカバーしていた。"
よくここまで丹念にネットもない時代に調べられたものだと思っ
猪瀬直樹さんの人生を紹介するNewsPicksの連載が面白い。自分の人生を振り返る24回連載の前半3分の1で、まず森鴎外からカポーティまで、イシグロカズオから村上春樹まで語るのすごい。
『昭和16年夏の敗戦』オススメです。
できれば東京都の意思決定システムについて忌憚なく分析した本を出して欲しいです。日銀の量的緩和もぜひ。
今回も面白いです。
作家という生業にて、金回りなど学生運動時代からの特異なマネージメントという感覚を持ち合わせているところが凄いと思います。

映画の世界に照らし合わせると、最近の日本映画は私的世界に閉塞している作品が多い感じがします。
米国では「スリービルボード」やイーストウッドの昨今の作品群とか、韓国映画でも「タクシー運転手 約束は海を越えて」「1987年、ある闘いの真実」等、実話に取材しつつ作家性が高い作品が多いですよね。

日本映画でも、大島渚や今村昌平、熊井啓とか社会認識を背景にした作家が多かったですが。
黒澤明も、正義感が強い面が出た作品群は大衆受けはしないかも知れませんが、結構そこに黒澤の本質が伺えます。
その点で本当に凄いのは、意外かも知れませんが成瀬巳喜男ではないでしょうか。
稲妻、晩菊、めし、流れる、浮雲など、何かしら金策の話が必ず入ってくるなど市井の生活と切り結んだ作品が多いと思います。
小津作品も好きですが、成瀬作品の方がよりハードボイルドだと思います。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。