【独自】デザインで大切なことは、全て「アップル」に学べ

2019/2/5
秘密主義のアップルにあって、とりわけ情報が少ないのがデザイン工程だ。
iPhoneやMacBookがデザインで消費者を魅了する一方、どんな過程で作り上げられているのかを知るものは少ない。
アップルはいかにして美しい製品を世に送り出しているのか──。
NewsPicksはアップルのデザインを研究すべく、デザインエンジニアとして働いていたウェーバー・ダグラス氏のもとを訪ねた。
ダグラス氏はアップルに13年間在籍し、iPodやiPhoneなどの開発に中枢メンバーとして携わった人物だ。
現在は、スティーブ・ジョブズやジョナサン・アイブと働いた経験をいかし、日本でコーヒーマシンのイノベーションに打ち込んでいる。ダグラス氏の新たな挑戦も盛り込んだ、貴重なインタビューをお届けする。
ウェーバー・ダグラス/2002年アップルにデザインエンジニアとして入社。iPod nanoやiPhoneなどの開発に中核として携わる。2014年にアップルを退社後、福岡県に移住し、コーヒーマシンのイノベーションに取り組んでいる
デザインは「製品そのもの」
──アップル製品のデザイン工程は、ほとんど世の中に開示されません。
あまり情報がないので、すごく特別なことをしていると思われるかもしれませんね。でも実際は、そんなに突飛なことをやっているわけではありません。
デザイナーやエンジニアが、とにかくひたすら基本に忠実なプロセスで設計をしている、というのがアップルの本質だと思います。