新着Pick
1424Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
SVFの深刻な問題点についてはこれまでも繰り返し述べてきたので(https://newspicks.com/news/3468364?ref=user_345620)、 ここでは省くとして、今回のインタビューだけからわかることについて、何点か追加で指摘しておきたい。

まず、短期間で60数社に投資したというが、それがSVFの性格であるはずのハンズオン性が高い投資であれば、ICや孫社長がマネージできる範囲を超えていると言わざるを得ない。きちんとポートフォリオカンパニーを見れるのは、ハンズオフ投資にするか、投資先数を絞るかのどちらかだ。

次に、投資はすべて親会社であるSBGとのシナジーを考慮して決めているという話だが、これは投資家の利益と一致するとは限らない点に留意が必要であり、通常は許容されるものではない。

また、ファンド期間14年が来てもSBGがポートフォリオカンパニーを保有し続ける可能性があるということだが、それこそ完全な利益相反であろう。SVFからSBGに幾らの価格で売るのだろうか。安く買いたいSBGと高く売るべきSVFの間の利益相反を誰が解決し、誰が決裁するのか。また、その時、SGBはSVFで得た利益を使うというが、SVFの利益は現時点でほとんどが評価益でしかなく、キャッシュが入っているわけではないし、キャッシュが入ったとしてもSBGはSVFのマイノリティー出資者(GP出資)でしかない。

ただ称賛していたい気もするが、そうもいかない気もするので、一応コメントしておく。本来やってはいけないことをすれば目立つし称賛もされるだろうが(そしてそこにイノベーションの可能性もあるのだが)、やってはいけないと言われてきたことにはそれなりの理由があることも知っておくべきだ。特に株主・投資家の保護は資本市場にとって非常に大切なことなのだ。SVFは、孫正義が「発明」したのではなく、孫正義が「禁じ手を使った」ということに過ぎない。
人気 Picker
10兆円の資金をほこるソフトバンク・ビジョン・ファンドの「ハンター」に、NewsPicksは独占的にインタビューをしました。世界中からユニコーン企業(時価総額1000億円以上の未上場企業)を探し出しては、これまでは考えられないほど大型の出資をして、ものすごいスピードで成長を加速させてゆく。これが数年後にどのような結果になるのか、楽しみで仕方ありません。

ここに登場してくださった松井さんは、世界でたった8人しかいないハンターの中でも、唯一の日本人です。みずほ証券時代に孫さんと出会い、ボーダフォンや米スプリント、ARMの買収などを助言しており、2016年についにソフトバンクに移籍をしてビジョンファンドの幹部になっています。

非常に面白い内容だったので、なるべくノーカットにして、インタビュー内容をみなさまにお届けします。ぜひご一読ください。
ナンバー1にしか投資しない投資会社とは、何か?
VCではありません。よりPE的な次世代型金融会社。
ナンバー1になるかもしれない先を見出す努力、ナンバー1にならせる為の支援努力、その対価としてキャピタルゲインを得るのが文字通り「ベンチャー」キャピタル。
最終コナー回ってリード確定している先にしか投資しないのは、成熟企業に投資するPEに近い、企業支援よりも金融ストラクチャにそのバリュー源泉がある金融業です。

なぜナンバー1のみに投資するのか?
ナンバー1になりさえすれば企業価値が極大化する事を誰よりも知っているから。90年代米国でヤフー、00年代中国でアリババで体現し心底理解している、現在世界あらゆる国の時価総額上位はすべてテック企業でありこれからも加速度的にその傾向が増す事を知っているから。

なぜナンバー1投資ができるのか?
資金調達力が誰よりもずば抜けて高いから。
ADSL、ボーダフォン、スプリントと、そのたびに生きるの死ぬのと論評されながらも桁違いの資金調達とハイレバレッジ経営を繰り返し、そのたびに桁を2つくらい上げてきた、だれよりも資金調達の道に秀でているから。

---------
多くの指摘コメントの通り、金融プロの観点から大いに矛盾があり、我々VCとも全く異なる新生物、次世代型金融会社であるSBG。
これまでの超ハイレバレッジ買収でも金融プロには毎回叩かれ続けながらも、結果それらを丸呑みして次の次元に辿り着いてきた来た孫さんだからこそ、今回も常人が考えると来年からの景気下降局面で大惨事になるはずのところ、そうならない算段がちゃんと付いているのでしょう。NPにはそのあたりの深堀を以降の稿にて期待したい。
「300年企業の心臓部」というタイトルを見てハッとしました。このテーマ、孫さんは自分事としてずっと考えていたことだったのか。。。

個人的には、自らも資金調達に動いているところがあり、以下の文章が心に刺さりました。

【追記】
そして、競馬の例えは面白いですね。実はスタートアップと大企業とのシナジーが産みやすいのは、3コーナー以降なのかもしれない。1,2コーナーは人とお金を出し、メンターとして温かく見守ってくれるくらいがいいのかもしれませんね。

記事引用:
まだまだ利益を出すな
上場によって、ベンチャー企業が大きく成長しない理由があります。日本のスタートアップがその典型例なのですが、主な原因は2つあり、その1つ目は成長資金を出し続けてくれる投資家がいないことです。
だから、たった1つのビジネスを作っただけで上場する。そして次なる成長機会を見いだせないままに、ヘナヘナと勢いを失ってしまうわけですね。
…そこでビジョンファンドが資金をつないで、すぐに上場するのではなくて、まだまだやることがあるでしょうと伝えるのです。

記事引用②:
これを競馬レースに例えるならば、レースの序盤である第1コーナー、第2コーナーは黙って見過ごすわけです。ただし観戦はしています。それぞれの事業分野のレースで、どの会社が良さそうかなとチェックしています。
どのタイミングで成長し、どのような投資家が買い増しているのかもモニターします。そしてレース終盤の第3コーナー、第4コーナーに差し掛かってきた時に、一気に「これに決めた!」と投資するのがビジョンファンド流です。
競馬の喩えは、たしか孫さんご自身がおっしゃっていたことじゃないでしょうか。
どうせ競馬に喩えるのであれば、モノになるかどうかわからない新馬戦や500万下のレースは若手の日本人騎手に任せて、重賞まで勝ち上がると乗り替わる、ミルコ・デムーロやクリストフ・ルメールのような外国人ジョッキーと言った方が、よほどフィットすると思うのですが、周囲に競馬に明るい方がいらっしゃらなかったんでしょうか。

穿った見方をすると、スタートアップに対する関与の視点が、馬の勝敗を左右する騎手の視点ではなく、勝ち馬を当てにいく馬券師のそれなのかもしれませんね。もしそうであるのならば、非常にしっくり来る喩えではあります。
私は騎手が好きです。
中身たっぷりの中で、注目したのは「ナンバー1へだけ投資」という点。
まだ決まる前は投資せず、決まったところと既存VCのエグジットタイミングがだいたい一致し、そこに巨額投資をして収益化を急がずにウィナー・テイクス・オールを狙う、と。

どうして「ナンバー1へだけ投資」という方針になったかが気になる。
例えば、Alibabaはそんなのが分かる前に投資をして、ソフトバンクで1番投資として成功したケース。また、過去には中国の配車アプリではDidiとKuaidiが分かれているときに出資したり、インドのECではSnapdealとFlipkartに出資したりと、トップを争う企業に投資をしてきたときもあった。
あと、ナンバー1といっても、ライドシェアであれば地域単位とか、障壁が築けている範囲でナンバー1であればいいようには思う。かつ、そのなかで「タイムマシン経営」が可能なら、それをやっていく(記事のOYOみたいに)のだと思う。
本当に読み応えがあるインタビュー!ビジョンファンドは起業家の、起業家による、起業家のためのファンドだ。多くのいけてる案件を集めれるはずだ

上場によって、ベンチャー企業が大きく成長しない理由があります。日本のスタートアップがその典型例なのですが、主な原因は2つあり、その1つ目は成長資金を出し続けてくれる投資家がいないことです。

だから、たった1つのビジネスを作っただけで上場する。そして次なる成長機会を見いだせないままに、ヘナヘナと勢いを失ってしまうわけですね。

2つ目は、グローバル感覚がないことに起因するもの。例えば日本のベンチャーが、日本市場だけで展開しても、それだけで終わってしまいます。これは悲しいことですよね。
Grabによる平安好生医の東南アジア進出支援やソフトバンクによるWeWorkの日本進出支援などは、ビジョンファンドのエコシステムを前提とした成長支援である。この前提をもとに計算されたバリエーションは、どうしても世間一般とは乖離するのだろう。

そもそも一般のVCと発想が違いすぎる。
・独占的シェアを取るまで上場させない
・独占的シェアを取るまでマネタイズさせない
・ファンド満期までのエグジットがゴールではない

一方で、ソフトバンク社自身は、このような太っ腹な投資家が自分以外にいないため、上場せざるを得ない…

ビジョンファンドの詳細はこちら↓
https://cdn.group.softbank/corp/set/data/irinfo/presentations/analyst/pdf/2018/investor_20181107_02.pdf
ライドシェアについては、強いプレーヤーに複数出資をしているので、特定企業ではなく業界自体に投資をし、どこが勝ってもよい状態にするような「情報革命への投資」のようなスタイルなのかと勝手に思っていましたが、ライドシェアは例外で、基本は勝ちが決まった圧倒的なナンバーワンのみに大きな投資をするというスタイルなんですね。
"「アフター・マサ」になると、ビジョンファンドがお金を出すから、もう上場などしなくていいと伝えます。"
IPOかM&Aかという議論は前からありましたけど、ビジョンファンドの登場によって「追加のリスクマネー」という概念が生まれました。
「まだまだやることがあるでしょう」と起業家のお尻を叩き続けるんですね。
この連載について
孫正義がサウジアラビアと組んで始めた、10兆円のソフトバンク・ビジョン・ファンド。巨額の利益を生み出す一方、パートナーであるサウジアラビアの皇太子の疑惑によって、その存続を含めた危機を迎えている。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.68 兆円

業績