新着Pick
547Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファミマ・ドンキ・伊藤忠・ユニーの今日の発表について、早い!
ファミマはユニーを約1700億円で2016年9月に買収した。ユニーの売上の約15%ほどがコンビニ(旧サークルKサンクス)だが、営業利益だと約1/3。またGMSの営業利益は減少傾向にあった。
そして昨年8月にユニーの4割をドンキが取得。金額は非開示だが財務諸表を見ると約200億円だったとみられる。そして今回の6割を282億円で買収、合計500億円弱。そういう意味では、ファミマ的にはサークルKサンクスは手に入ったものの、全体としては損失を出した形となると思う。

記事にある通り、ユニーファミマがGMSを好転できない中で、ドンキが上手くやったことを見て、たとえ損失は出たとしてもパートナーが簡単に出るわけではなく、今回の意思決定につながったのだろう。
逆にドンキとしては、4割を保有することで上手くいけば既に4割があるからユニーファミマはほかに売りにくいし、パートナーが簡単に出るわけでもないから、完全買収の交渉力が上がる。上手くいかなかったら4割分で損失を済ませて退却戦にできる。そう考えて去年4割出資したのだろうと、今見ると思う。
当時のPickは下記。
https://newspicks.com/news/2451138

あと、今回の発表と併せて、創業者の安田氏が非常勤の取締役として復帰することも発表されている。
昨年の資本業務締結から約1年。
40パーセントの株を取得したドンキが、ユニーを完全子会社にするのではないかと言われていましたが、このタイミングとなりました。

GMS業態の苦境が伝えられる中、売上高約2倍にまで成長させたドンキの快進撃がどこまで続くのか、とても注目しています。

あともう一つ気になるのは、伊藤忠商事の存在です。子会社ユニー・ファミマとドンキ。どんな経済圏を描いているのでしょうか。
複雑なストラクチャーとなった今回のファミマ&ドンキ再編の意味について取材しました。会見での両トップの発言とともに、冨岡記者がお送りします。
昨日からいくつか記事がありましたが一番深掘りしてある内容。さすが。
単なるユニーの売却と思いきやドンキへの出資がセットとは驚きました。ドンキ自身の成長、ユニー改善の果実を持分法で取り込めるというのは、ファミマ陣営、また伊藤忠から見て良いシナリオ。しかも、単にユニーを売却しました、というのではない説明もできる。逆にドンキ側が受け入れたことが驚きですが、それだけユニーが欲しかったということでしょうし、極めてユニークな経営モデルなので多少株を持たれても経営には影響しない、という自信の現れにも見えます。ひょっとするともっとプロアクティブにコンビニの展開や海外展開の可能性、伊藤忠との関係性などの果実まで狙っているとするとそれはそれですごいです
ドンキホーテがユニーのお店の売上を倍増させたのはお見事です。一般的に日本のGMSは、店舗部と仕入部の仲が悪く、さらに店舗部が店の商品配置を仕入部に握られているといった構造的な問題があります。食材を入り口に、お惣菜は出口にという導線信仰が根強く、どこのスーパーも同じ配置にしていて、店の特色を出せないでいます。むしろ出さないことが勝利の方程式である時代が長く続いてきました。そこを打ち破ったのがドンキホーテの発想力だと思います。どんな小売の風景を作り出すのか、注目します。
難しいスキームを背景まで含めてこの短時間で記事にされるとは・・・さすがです。

GMS、ディスカウントストア、コンビニという3業態の組み合わせで、何が起きるかわからないけど、何か起こせるかチャレンジしてみようという意向を感じます。
昨日、乗ったタクシーの運転手さんから「今日一番のびっくりニュース。ファミマは好調やと思っていたけど、案外苦しいんだね」と話しかけられ、「苦しいのはユニーだね。一年ほど前は食品スーパーは堅調だと聞いていたけど」なんて会話をしていた。運転手さんの感想は「恐るべしドンキ」だったが、当たらずとも遠からずか。
流石NewsPicks、仕事が早い!
しかも分かり易い。
こうして記事を読むと、ファミマ、ドンキ共に極めて合理的な事業の統合整理ということが良く分かりました。
UFM側のメリットはわかりやすいですが、ドンキ側のメリットとなると、実質居抜き物件の確保、生鮮を含む食品事業の強化、海外人材へのアクセス改善とPBの販路だと思います。
 ユニーは、サークルKサンクスをローソンのエリアフランチャイズにするという選択肢をとれば違う展開になったと思います。
こうやってみると、イオンとセブンが大きすぎて…ファミマとドンキが統合してもまだまだ背中は遠い。百貨店とスーパーが加わらないと、スケールメリットは出てこない可能性もある。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、みずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.67 兆円

業績

株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績