新着Pick
635Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハンス・タンの中国投資を通じて、中国のユニコーン企業を分析して、記事の筋は一本の赤い糸で通している。
ハンス・タンの特徴は、英語、中国語を通じている。また2005年ごろあんなに貧しい中国大陸に移住した。
その時から多くのユニコーン企業を見つけて、投資した。
簡単に言えば、こうなるが、タイトルに中国台湾の人が大陸で成功していく秘訣と付けてもいいぐらい。
では日本の投資家、日本企業は中国ではこのような成功ができるか。
もちろん出来るんだ。
孫正義はその事例をたくさん作っている。
孫正義さんとの違いはなに?
そのような分析をも少しいれたらよかったが。
ハンス氏を通して中国を見ることで、より大きな文脈でユニコーンの躍動を捉えることができました。

原稿では入っていないのですが、面白かったのが、中国と日本の起業家のマインドセットについてです。

ハンス氏:
「日本のスタートアップをみると、メルカリなどを除けば「日本の外」を狙う会社はあまりありません。海外に進出するにはもっと英語ができなくてはいけない、もっと人員が必要だ、などと心配してためらっているのです。

中国人はそんな心配はしません。とりあえず行ってみるんです。もし何か問題が起きたら、その都度解決していけばいい、あまり綿密な計画は立てません。まずはやってみるんです」

こういうマインドセットで、東南アジア、シリコンバレーにも多くの中国の人が働いています。そういった人たちが、次に中国からスタートアップが進出するとき、人材としてリクルートされる、というエコシステムにも繋がっています。
かつてアップルのパクリと笑われていた中国スマホメーカーのシャオミは、いまや時価総額5兆円の巨大企業です。そんなシャオミのビジネスモデルの素晴らしさに気づき、世界中をだしぬいて、創業期に出資した天才投資家にインタビューすることできました。

もっとも印象に残ったのは、1980年〜2000年ごろに生まれた「ミレニアルズ世代」についての洞察。彼らはアメリカ、中国、インド、欧州など、地理的な隔たりをこえて価値観や志向を共有する巨大なマーケットは、新しいユニコーンの「発生地帯」だという見方です。

世界のどこで次はユニコーンが駆け回るのか。天才投資家が教える「5つのポイント」を、ぜひご一読ください。
中国ユニコーンの発見方法??!

中国のスタートアップメディアを要チェック!!
http://36kr.com/ (中国語)
https://36kr.jp/(日本語)
https://www.huxiu.com/ (中国語)
https://www.pencilnews.cn/ (中国語)
シャオミは単なるスマホメーカーだと思っていたのですが、やはり創業期から見いだす投資家は「どこに注目するか」が違うなと感じました。周りがまだ注目していない市場や企業に、何をもって張るのか。学びの多いお話でした。
GGVのHansの面白いインタビュー。これは必読。

「いま、中国を席巻しているユニコーンは、こうした「99%のマス」を狙ったサービスがとても多い。ハンスはそうしたユニコーン企業を見つけては、投資をしてきた。」

これから数十年はこの「ボリューム」に圧倒される時代が続くのでしょう。
米国、中国、そしてインドと次々とベンチャーが生まれるなかで、日本市場にも入りたいのだが、言葉的やスピード感の遅さなどの問題もあり、なかなか入れない。逆に考えれば、海外のベンチャーの面白いサービスのうち、高齢化社会が本格化する日本の生活の質を向上する目的でローカライズしながら普及すれば、今度は、彼らが高齢化したときの、良質なビジネスが日本で育っているのでは?
1000年前には数千あった言語や宗教が、移動・交通手段や情報機器という文明の発達に伴って、どんどんその数を減らして来たように、インターネットと巨大プラットフォームの登場で、価値観やライフスタイルが世界共通化していくのは必然の流れでしょう。

こうした流れは利便や効率のメリットが大きいですが、オリジナリティやダイバーシティは低減させます。
この流れの中でどのように利害と効率を享受しながら、どのようにアイデンティティを確立し、どのように多様なライフスタイルを確保するかが、新しい時代の豊かさになると思います。
その国が抱えるペインポイント(弱点)を把握して、それを解決してくれそうな独創的なアイディアが生まれた時、そこはユニコーンの誕生場所になるのだ。

サービスレベルが成熟した国だと逆にこのペインポイントが見つけにくいなと思いましたが、それは発展段階の国でも一緒で、要は住んでると不便にも慣れてしまうものですよね。そういう意味で、台湾、アメリカのバックグラウンドがあった上で中国に通じたハンス氏だからこそペインポイントを見つけられた、という面も大きいと思います。色々な環境を見ておくのは本当に大事。
2000年代前半~半ばのハンス氏が移住した時期には、BRICsという言葉や、特に中国が投資という観点で注目された。例えば下記は上海証取指数の長期推移だが、今でもピークは2007年10月。
ただ、そこから10年を経て、実際に投資として成功したのはリープフロッグ現象と巨大な人口の掛け算で生活に一気に浸透したテック系企業だった。
2005年にその予兆を感じたり、ペインポイントをテクノロジーで解消することのユーザーメリットと破壊力での説明は今となってはとても納得感があるが、当時からそれに移住までして賭けられるか(当時思った通りの成長なのか、それとも実際にはそれ以上の成長だったのかは、知りたいところ)。
https://yhoo.it/2wlxeks

あと、ミレニアルズ×グローバルは、改めて考えさせられる。
昔だったら販路の開拓など、グローバルになるためには時間が掛かった。でもアプリ単体であれば、今はいつでもできる。
文化含めた地域性はいまでもあると思っている。そして、それは一国で成功モデルを確立してから世界展開すると、ローカライズを阻害しうる。また、特に若年層においては一国での成功から世界展開にかかる数年でトレンドが変わりうる。
それが最初から世界という最大公約数で一番フィットするのは何かという志向になり、改善も早く回せるようになったのが現状かと思う。
供給サイドがグローバルに供給していくように変化すると、文化も変わっていくと思う。同じような年代だと今は「あのドラマや音楽流行ったよねぇ」となるのが、10年、20年後には、違う国でも「自分たちが子供の頃はあのアプリが流行っていたけど、今は…」みたいな感じ。
この連載について
世界のイノベーションの中心地であるシリコンバレーが、中国の新興企業の「研究」に必死だ。時価総額にして1000億円を超えるユニコーン企業が200社近くも生まれている中国を、NewsPicksが徹底レポートする。