新着Pick
876Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
いいですねー。
『服のセンス』を『外注』できる。
人気 Picker
服選びはZOZOにお任せください。あなたに似合うコーディネートを定期的にお届けします。
以前、「ZOZO販売員」を募集する、というのが記事になっていましたね。
https://newspicks.com/news/2517669
この時もコメントしましたが、実際の販売員は立ちっぱなしで検品したりお畳したり、会計したり、棚卸したりと、本来やりたいコーディネートや接客以外の雑務が非常に多いので、こういうのなしでコーディネートに集中できるというのはやりたい人もいそうだし、しかも在宅でできるということなら、元アパレル店員をしていた人な裾野が広そう。加えて、ユーザーが「満足した」ということが分かるようなフィードックも来たりするとやる気もでるだろうし、面白い仕組みと思います
ついに望まれるサービスがリリースされた。私は個人的にこのような仕組みを半分実現してるけど、これをリーズナブルにやってほしかった。早速使ってみよう。
スタイリストがつくレンタルサービスはair Closetが先行しているけど、
こちらはあくまでレコメンドサービス。

画期的なのはスタイリングを提案する
”ZOZO販売員”を募集していくこと。

例えば出産や家族の事情で退社した販売員さんが
在宅でも働ける仕組みができる。
これはいろんな意味で素晴らしい。
これからはスタイリングがうまいZOZO販売員が評価され
収入を得ていくことになるのでしょう。

今年はアパレル業界お”働き方改革”元年もありますね。
月額制レンタルサービスで、気に入ったら購入という感じになると更にありがたいです!!
ZOZOスーツに絡めたサービスが新たにスタート。これからZOZOでいい体験をするにはスーツが必須。ただ、今の所供給が間に合っていない。ZOZOとしては、ユーザー数が限られている間に、色々と試せるのでいい時期かもしれない。

ZOZOからは今日、ZOZOスーツ関連でもリリースがあった。供給スピードが上がることが期待できそう。
『スタートトゥデイ、"ZOZOSUITよりも低コストで高精度な体型計測ができるアイデア"を3億円で買収』
https://newspicks.com/news/2824970
レンタルではなく、あくまで提案商品から気に入った商品のみ購入する仕組み。

これはつまり、お客様のご自宅がショールーム、試着室となるということ。

今までZOZOTOWN での買物、商品選択はオンライン上でしか出来なかったが、それが自宅でも出来る。新しいオフラインへの進出方法ですね。

ただレンタルではないので、お客様がどのくらい見たこともない商品を、「買う」ことを前提で、このサービスを利用するのかが気になるし、どのくらいの売上になるのか楽しみですね。

オンライン企業が仕掛ける新しいオフラインへの挑戦。
勉強になります。
通信会社のフェリシモはコーデを提案するわけでもなく、おまかせで商品を送ってもらう「定期便〈コレクション〉」というサービスを展開していますね。

フェリシモ > 定期便〈コレクション〉ガイド
https://www.felissimo.co.jp/contents/guide/
ファッションに詳しい友人を持って、シーズン毎にコーディネート一式選んでもらって、お礼にメシをおごる。
ということが出来ないわたしには、ぴったりかな。
二番煎じと言うつもりはないが、StitchFixにようなビジネスということでしょうね。Zozosuitからのサイズデータも活きる。ってか、早くZozosuitを試したい
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,292 億円

業績