【岡田武史】今治で入れる「遺伝子スイッチ」と地方創生の夢

2018/1/8
元サッカー日本代表監督で、FC今治のオーナーを務める岡田武史氏のインタビュー後編。前編はこちら
「不便な今治」の恵まれた環境
僕が今治に移り住んだのはサッカークラブの運営をするためで、引っ越す前、町自体についてはあまり深く考えていませんでした。
住んでみると、今治大丸がなくなって、他の百貨店もお客さんが少なくなって、町が閑散としていた。だからサッカークラブだけでなく、町ごと元気にならなければというところから始めました。
よく、「今治は不便だ」と言われます。
松山市方面から海側に向かっている道(国道317号)と、西条市方面から山側に来る道(国道196号)の交点の兼ね合いで、今治市から他の市に車で出入りしにくい部分も確かにあります。でも、それなら逆の発想で、遊びに来た観光客に長く滞在してもらえばいい。
今治は風光明媚なところで、まだ観光化されないまま残っている地域があります。山、海、そして島があって、無人島体験やシーカヤックなどアウトドアをするには最高のフィールドです。それに鯛や海産物など、食べ物はすごく美味しいですしね。
岡田武史(おかだ・たけし)
 1956年生まれ。1998年W杯予選中に日本代表のコーチから監督に昇格して、日本を初めてW杯に導いた。2007年に再び日本代表監督に就任し、2010年W杯ではベスト16に進出。2014年11月、FC今治のオーナーに就任した
恵まれた自然に囲まれた今治で、弊社の事業の一つとして行っているのが「アースランド」という野外体験教育です。もともと僕は野外体験が大好きで、今治に来る以前から「遺伝子にスイッチを入れる」という活動をしていました。