新着Pick
448Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
岡田さんの挑戦が成功したかどうかは「勝ち」によって判断されてしまうし、支援している人もそれを期待しているのではないかと思います。

・良い選手を育ててビッグクラブに売って収益をあげるクラブ
・勝てなくても多くのサポーターを抱えるクラブ

などのゴールは想定されていない。

目的:「勝利」
手段:「稼ぐ」

の図式から抜け出せないと、スポーツビジネスは進化しないと思います。

目的:顧客の課題解決
手段:「勝利」、etc.

をスポーツビジネスの中心にもってこないと。
サッカー元日本代表監督でFC今治オーナーの岡田武史さん。話を聞いていて、多くの人が惹きつけられる理由がよくわかりました。ビジョンとパッション、そしてユーモア。FC今治が向かう先について、2日間連続掲載します。
日本はメジャースポーツの国内事業は既得権益も強くなかなか改革のコストがおおきいので、
・こうした岡田さんのような地方事業か、
・Bリーグのようなマイナースポーツか、
・日本コンテンツを利用した海外の市場展開、
の3つが改革を牽引できる部分と思う。

特に地方創生と並ぶくらい、市場のパイを広げられる海外展開は何よりも大事と個人的には思っている。
タニマチ営業ではなく、自分たちのビジョンを売るという発想は、これからのスポンサーシップのあり方に欠かせない発想だと思います。
我々デロイトのスポーツビジネスグループの発想にも通ずるところが多々あると感じました。
すごいなー。単なる強いチーム作りではなく、町づくり自体から夢を持って追いかけてる。

こういう熱のあるリーダーの周りには、応援する人もどんどん集まりますね。

人材を派遣したり、何か絡めないかな。
そもそも日本でスポーツビジネスを成り立たせようと思ったら、“いいサッカーを見せる”とか、“チームを強くする”だけでは無理です。
という岡田さんの言葉はその通りだなと思います。
ただ選手としてはやっぱりチームを強くしていかないといけないですし、それ以外にもやっていかないといけないことはたくさんありますね。
ヨーロッパのクラブを真似するだけでは難しいと思います。
岡田さんの戦略性と視野の広さに驚くばかり。最新の「サッカー批評」の特集と一緒に読むと、さらに深く岡田さんのビジョン・戦略を理解できます。
今治FCには、岡田さんが目指す高みとまでは言わずとも、なんらかの成功をぜひおさめて欲しい!

少子高齢化と人口減で、ますます厳しくなるであろう地方経済にとって、本気でやればできるという成功ケースというかロールモデルが、今まで以上に必要になってくると思うので…
新スタジアムも楽しみねー
予算規模がこの時点で7億
同じ愛媛県のJ2の愛媛fcは6億余
頑張れ!愛媛fc
切磋琢磨して、愛媛県を盛り上げてくれ