新着Pick
520Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アクションとアクションが結びつくと、素敵な出会いが生まれる。岡田武史さんと佐藤可士和さんの今治での出会いや、地方創生には「夢を語るのが大事」という話など、活力をもらいました。
「遺伝子スイッチ」と似た考えですが、私も、「生命力の強い人間」に育って欲しいと我が子を育てています。

そういう意味では、人間の力の及ばない大自然に晒すのが一番ですので、岡田さんの今治や私の住むスイスは、適しているかもしれませんね〜!
今治見に行かないとだなー
いままでスポーツ部門の子会社として扱われることが多かったスポーツチームには、トップチームに関連するスポーツビジネス事業にスクール事業を加えたほどの部門しかありませんでした。しかし、FC今治の組織図を見ると、記事中にもあるようにアースランド事業やグローバル事業が事業に含まれています。

特にサッカーのような昇降格のあるリーグモデルでは、経営を安定させるにはむしろ別の事業を持っている方が得策と考えることもできますし、本当にその地域における地方創生を担うためには、スポーツの持つ力を活用しながら別の事業へも広げていく必要があるのだと感じます。

日本の中でも新しい動きを見せるFC今治、今年中にはぜひ一度行かなければと思います。
毎度のコメントで恐縮ですかま、FC今治(スポーツ)と地方創生という組み合わせは、とても興味深いと思います。
地域の課題(活性化)をスポーツというコンテンツを活用して実現する。
このような活動をぜひ広げて行きたいと思っています。
佐藤可士和さんに加え、岡田監督が加担する今治市。どんどん面白くなりそうですね。デザインとサッカーと経営。あと盛り上げるのに足りない部分はどこだろう。そんなことを考えました。

遺伝子にスイッチを入れる。いい言葉。
熱量の高い人一人の存在が、地域に「スイッチを入れる」事がリアルに伝わってくる。
公募もきっと成功すると思います。今治、応援します。
野外教育はとてもいいですね。

5000人のスタジアムが満員になったのはこけら落とし直後だけで、その後は減っていっているのがちょっと苦しいですね。
FC今治の挑戦、注目してます。