新着Pick
218Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
断言しますが、柳井氏が会長にいる限り、
誰が社長をやっても組織は変わらないです。

それは柳井氏が顧問でも相談役でも
同じことです。

柳井氏は創業者ではないですが、
実質、カリスマの創業経営者です。
良くも悪くも、今の経営体制は、
柳井氏の気持ちを「忖度」する様に出来ている。
私はそれで構わないと思います。

企業価値の極大化が
経営者の義務であることを勘案すれば、
ここで教科書的な
ガバナンス議論を振り回すのは、
無意味です

但し、柳井氏もいずれは、判断が鈍ったり、
キレが悪くなったりする時が必ず来る。

その時に
柳井氏にNoを突き付けることが出来る、
ガバナンス体制をどう作り上げて行くかが
課題ですね。

これは孫氏や永守氏、稲盛氏にも同じことが言えます。
後任のサラリーマン経営者は、絶対に
偉大な創業経営者を上回ることは出来ません。
そこを理解して、どう経営を行って行くかが、
課題です。
結局のところ、トップが創業者で大株主であるからこそ、会社のリスクと個人のリスクが一致しているゆえに、迅速な意思決定ができる。オーナー企業の方が成長が早い傾向があるのはそういう理由ですから、誰が社長という名前の職に就こうと、創業者会長の顔色を窺うことになる。本当の意味での後継者問題はずっと解決しないと思う。実際、たとえばサンリオなんかも、(不幸にして後継者のご子息を亡くされた後)超高齢の創業者が今でもトップに君臨している。
今回は上手くいくだろうか?オリックスも今回はうまくいったように見えるので…一方で気になるのは今後の関わり方。会長としてかかわるとのことだが、下記部分で「今の仕事は将来こういうふうにした方がよい」の「今の仕事」はどういった領域を指すことが念頭にあるのだろう?チラシや店舗であればそれは執行サイドで当たり前だがガバナンスではない。逆に経営の方向性といった話や組織構造の提案・監督であれば、一般論としては取締役会が担うべきガバナンスの話。
創業者に引退はないという言葉通りにオーナーシップがあるからここまで成長してきている。そのなかでオーナーシップは特に執行に現れると思うし…ファストリが日本を代表する企業事例となったように、実質的創業者が次に引き継いでいくという観点でも、日本を代表する事例となってほしい。

『自身はその際に企業統治面(ガバナンス)を担うと述べ、「会長職で今の仕事は将来こういうふうにした方がよい」などとアドバイスする立場を想定している。一方で、「創業者に引退はない」と強調。会長職に就いた後も引き続き会社に関わっていく考えを示した。』
時価総額1兆円以上の後継者問題はあまりにも難しく、もはや日本社会における問題ですね。ファーストリテイリング、ソフトバンク、日本電産、楽天、Zozoなど。なんとなくアメリカはうまくやれそうな気がしてしまうのはなぜなのだろう?(Google, Facebook, Tesla, Apple...? Amazonは依存度が高く見える)

プロ経営者が不在という、社会的(もはや文化?)な問題もあるように思います。

全然違いますけど、宮崎駿さんをふと思い出した。笑
一つの正念場、とも言えますが、会長でいる限りあまり変わらないような気もしますね。例えば、柳井氏肝いりで進めているだろうデジタル対応について、方向は同意しながら、やり方に疑問を持っている人だとして、それを変える権限があるかと言えば、確実にないでしょうし、そういう人は選ばなそう。
「これまでの路線を踏襲し。。。」みたいな会見になるんでしょうね
柳井さん、孫さんに付き纏う後継者問題。両者とも挑戦はしたものの失敗した過去がある。なかなか大きく成長させたオーナーから引き継ぐ社長を見つけるのは難しい。外国人という選択肢があるがニケシュのようなこともある。ファストリの後継者問題にも今後注視していきたい。
個人的には、先日の会見で潘上席執行役員の印象がすごくよかった。
どちみち創業者が死んだら難しい。柳井さんがどんなポジションに居ようが社に関係してる以上後継者は育たない。全く関係ない企業に売るのがいいと思う。
経営の移管は全てのオーナー企業の宿命。ユニーチャームの高原社長は二代目ですが、今月号のフォーブスの表紙を飾りCEO第二位に輝いた。親族以外から次期CEOが選ばれた成功例はApple。ジョブズ史に指名され2010年に就任したクックCEOは様々な批判に耐え就任時時価総額を3倍増させ世界一の時価総額企業に発展させている。両者とも株価を飛躍的に上昇させた。さて柳井社長が会長に残るという。新社長がどこまで独自の手腕を発揮できるか疑問が残る。単独で日経平均の8%を占める銘柄です。株価の動向に注目したい。
40人強おられる執行役員から次期CEOを、と明言された柳井さん。
どんな方になるのか。
いろいろ批判もあるみたいですが、そもそもケタ違いの実績のある人の選択なわけで、実績で足元にも及ばない人に、背景にある真意が理解できるわけもないでしょう。

こうした選択が失敗して「ほらみたことか」と言うための準備をするのは虚しいシャーデンフロイデなわけで、まずは自分の人生をどうにかしたほうがいいと思う。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.47 兆円

業績