新着Pick
259Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
値決めは経営、そして値上げは基本的に需要を減らす可能性が高いので難しい意思決定。
色々な経営モデルがあるし、価格競争で勝ち抜くことももちろん極めて難しい。ただ、値上げしても受け入れてもらえる商品・サービスをつくっている企業のほうが個人的にはワクワクする。

価格から想像することは、色々面白い。例えば、メモリを64→256GBに増やすとiPhone は1.7万円の値上げ、もちろん原価はそんなに変わらない。
あとは、iPhone 8は64GB/256GBの品ぞろえに対して、7は32GB/128GB/256GBをそろえて、128GBの価格はiPhone 8の64GBより5000円高く、256GB同士だとiPhone 8は1000円高いに過ぎない。それを買う立場になったときに、どれを選ぶだろうかとか想像しながら価格テーブルを見るのは面白い。
他に関連するトピックとしてはBOM(原価)も。
https://newspicks.com/news/2525498
"自社の成長率を上げるために、ティム・クックCEOが出した答えが「値上げ」だった"
言われてみれば当たり前なんですけど、○兆円も売り上げているプロダクトを50%値上げするなんて、尋常な意思決定ではないですね。すごい!
iphoneXはもうすでに深圳の電気街で売ってるよ〜、しかもAndroid OS搭載w

詳しくは僕のfacebookで
https://www.facebook.com/kenichi.arai.9889/posts/581992195309244
私も今、同様なことに取り組んでいますが、我慢して我慢して新しい顧客ベースを作り、いよいよ積み上げたサービスメニューで、少しだけ値上げをさせてもらう。しっかりした顧客であれば、そのお得感を抱いてもらえるはずです。これだけでも、かなりの売上増になりますし、もっと言えば、粗利に換算して倍近くになります。この2段階がうまくはまるところまでこぎつけましたが、口で言うほど簡単ではありませんでした。

さて、いつもそんな手本を示してくれるアップルですが、今の売上(4兆円)で「成長鈍化」(7%)などと言われても、絶対額で言えば上場大企業の売上くらい(3000億円)になってしまうのですから、エゲツない規模です。しかも収益性が抜群(営利1兆円)のところからさらに値上げになります。唯一の課題は中国市場でしょうか。地元のSNSインフラとなっているWeChatとのやりとりに四苦八苦したり、端末のスペックですでに先をゆくメーカーが複数存在します。しかも、iOSの有償エコシステムにユーザーをうまく取り入れられていない点が致命的です。ここは一時、中国以外の市場に深耕するのか、中国向けの新しい商品を投入するのか、または中国のキープレヤーと大々的に組むのかなど、新しい対抗策に注目し、学びたいと思います。
新興国ではiPhoneの下取り価格が高い。
戸田さんの意見に近いですかね。顧客セグメンテーション戦略という受け止め方をしています。三池さんの仰るようにアップル固有の製品戦略とは言えないでしょう。そして加藤さんの意見のように高いけど欲しい、というプロダクトをいかに売り切るか、これがブランドなんでしょうね。

一方、高価なモデルだからといって買い替えサイクルが短い保証はなく、むしろ長期化する可能性も秘めていますし、下位モデルのスペックの天井にもなるなど、今後こそアップルの製品戦略の手腕が問われそうですね。

松岡さんの仰るようにこの規模でメーカーとして成長を続けることの難しさは当事者ではないと想像が難しいです。
値上げというより、上位機種のラインナップ拡充なのと、まだiPhone Xが成功するかどうか分かりませんからね。。
ただ、iPhoneと似たような機能で安価なスマートフォンが市中に大量にあるのに、iPhoneがまだまだ強気な値段で売れる商品力を作り上げたことはすごいですね。値上げ云々というより、競合があるのに価格競争にならないところがiPhoneのポイントかと。
あと中古市場の影響もありますよね。iPhoneやMacは2, 3年ではあまり値落ちしないのも新品価格を高値維持できる要因の1つかと思います。
まだ発売もされていないし、結果も出ていないので、戦略が正しいかはなんとも言えない。値上げというよりは、上位機種の価格設定。販売方法も2年契約200ドルや300ドルとなったり、日本でもキャリアの割引施策で契約可能。一括やクレジットで買えない人でも手に入れる方法がある。販売方法の関係で、セグメントが分かれているようで、分かれていない気もします。

同時期に発表されたGalaxy Note8は、Galaxy S8より約30%高い価格設定。こちらも結構強気な価格になっている。
値上げは経営者からすれば苦渋の決断になりますが、お金を払う価値のある製品なら問題ないと思います。逆にお金を払ってもいいと思われる製品が今後出てくるきかっけになるのであればウェルカムな話です。安価なスマホはあるのでユーザは自分にあったスマホを選択すればいいだけです。
斎藤さんがおっしゃるように値上げじゃないですよ。
アッパーモデルの投入であり、7割は既存モデルの延長であるiPhone8を買っているので。全体からするとポートフォリオでは値上げだろうと言われればそれまでですが。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
100 兆円

業績