新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経緯としてはプレスに書いてある通りとなりますが、4月から代表に就任させて頂きます。これまでは私はバックグラウンドがエンジニアであることからSPEEDA/NewsPicks両事業の技術領域のコミットと、COOとして組織・文化つくることをメインでやってきました。今年は梅田に米国進出というチャレンジを託して代わりに私が代表となることで、UZABASEとしての新しいチャレンジに突き進みたいと思います。
これまでも取締役の中での立ち位置はあくまで役割の違いであり、私を含めた3人のフラットなチーム経営によってここまで事業を進めて参りました。私は梅田と同じことはできませんが、梅田も私と同じことはできず、それぞれの才能を活かした経営体制を取ることで1人ではできなかったチャレンジを乗り越えてきました。これからも変わらず、その時々の経営の状況に応じてチーム経営の良さを最大限活かした経営体制で、UZABASEにとって最もチャレンジングな道を歩んでいきたいと思います。
「俺がアメリカに行く!」というお洒落メガネ梅田さんを「じゃあその間はまかせとけ」とタフガイ稲垣さんが答えた感じでしょうか?深い絆で結ばれた3人だからこそできる人事だよね。素晴らしいと思います。
チーム経営最大のメリットは、サッカーのようにその時々の状況に応じて最適なフォーメーションに変更できる事。新体制となるユーザベース(SPEEDA)とNewsPicksを何卒宜しくお願いします。
よく海外のビジネスマンから言われることは「日本のビジネス習慣が良く分からないし、複雑すぎて担当者も見つからない」という問い合わせを頂く事がよくあります。米国進出される際は、日本の担当者への窓口というブランドの切り口で攻めていくと道が開けるように思います。

Linkedinがほぼほぼ浸透していないアジア圏で、その入り口を抑える事ができれば成功する可能性はあると思います。あとは、英語でどれだけ情報発信できるかですね。

【追記】アジア圏全域というコメントは訂正させていただきます。正確には香港とシンガポール、インド、インドネシアの一部のビジネスプロフェッショナルを除く、その他の国では現段階では浸透していないという情報でした。Linkedinに関しては2015年時点ですがこちらの記事が参考になるかと思います。

Who's on LinkedIn?
https://www.linkedin.com/pulse/whos-linkedin-chris-j-reed-black-marketing-b2b-social-marketing
「「NewsPicks」事業の米国進出」」については、サービスの海外進出に留まらず日本事業とのシナジー、例えば有料購読に海外専門誌が入る事や現地専門家の独占コメント等、の実現があるといいと思います。
新しい役割分担で今まで以上の活躍と成長を期待しています。
NewsPicks米国版!!超応援!!
Make America Great Again! Good luck!
梅田さん、アメリカにてお待ちしております!

そして、足元のより良いコミュニティ作りも絶対にやり抜いて欲しいです。ここのノウハウが海外においても生命線になると思いますので。期待しています。共に切磋琢磨できると嬉しいです!
海外でこの仕組みが成功したら素晴らしい。
BBCとかNew York Timesとかもコメント欄を持っていてそれはそれで面白いですが、そのメディアを購読し、かつその記事を読む人に限られるので、NewsPicksに比べるとコメントの多様性が見られません。
応援しています!
「NewsPicks」事業の米国進出、頑張って下さい。