新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1946年即位から、タイの発展を導いてきたプミポン国王が崩御された。冷静に今後の推移を見守っていきたい。

一部に極端な見方がでているようだけど、これまでに何度も危機を乗り越えてきたタイ国民の叡智がある。

日本の皇室も今上天皇と秋篠宮様を中心に、タイ王室とは深い関係がある。下記にタイ王室のこれまでをまとめた記事があります。一年ほど前でさすが歴史の話しなので、今でもお読み頂けると思います。

https://newspicks.com/news/1214559

ただただ、厳粛にうけとめたい。一昨日までバンコクに滞在した身としては不思議な感覚的もある。

日本企業の進出もプミポン国王の治世のおかげという部分も少なくない。日本とって極めて重要なサプライチェーンの核がタイ。日本企業が受けてきた恩恵は多大。タイ情勢は、日本人にとって他人事ではありません。

ホーチミンシティ出張中のため、速報的にこのぐらいのコメントで失礼します。
プーミポンアドゥンナヤデート陛下の崩御に哀悼を申し上げますとともに、タイ国民の皆様に心よりのお悔やみを申し上げます。

プーミポン国王は、戦後間もない1946年に即位され、70年という長きにわたり、国父としてタイ国民の限りない敬愛を受けてこられました。

戦後、東南アジアの多くの国々が、戦争や内戦の戦火に飲まれる中にあっても、一貫して平和と国の安定のためにご尽力され、現在のタイ国の繁栄は、このプーミポン国王のお力なくして無くしてなかったことと思います。

タイ国の政治情勢は、現在様々な危機を孕んだ状態ですが、タイの政治指導者達は、国の平和と安寧に尽くされたプーミポン国王の遺志を尊重し、今後いたずらに混乱を招くことなく、国家の運営にあたって欲しいと願います。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。日本にとっての昭和天皇崩御ほどの衝撃だと思います。タイ国民の皆さまにも心よりお悔やみ申し上げます。
1992年に軍と市民が衝突、多くの死傷者が出た時の威厳ある調停が忘れられない。両派のリーダーがひざまずき、その見事な説諭で内戦の一歩手前で収束した。すべての国民に信頼される本当にすごい国王だった。合掌。
タイでとても尊敬されていて、タイ国の成長をひっぱった偉大な国王でした。ご冥福をお祈りします。今後、速やかに安定した王室になることを心から期待しております。
【訃報】タイ政府がプミポン国王の死去を正式に発表した模様。ここ数年は政情不安が続く中で政治の安定化のために少なからず影響力を持っていたと思う。ご冥福をお祈りするとともに、国王の死去を機にタイの政治が不安定化しないことを切に願う。
心からお悔やみ申し上げます。国王が願われていたであろう、今後のタイの発展を信じて。
タイのバランサーとしての役割を担ってきたプミポン国王が亡くなられたとのこと。92年の暴動で、首相と民主化運動指導者の双方を叱りつけたという威厳ある行動が印象的でした。
今後、タイが不安定かしなければよいのですが…。
現地時間では6時50分頃に正式に報道されたようです。
この両日、バンコクでのイベント(会議)に出席していたのですが、タイの方々は心配で仕方なかったようです。
今朝も冒頭に司会者が、「(会議場の)外ではいろいろと気になることがあるけれど、携帯のスイッチはオフにして会議に集中しましょう」と呼びかける一幕があるほどでした。
そして夕方のクロージングセレモニーでは主催者が「この会議のために一年間頑張って準備してきたけれど、こんなタイミングになってしまうとは…」と話しながら涙をこらえきれずに言葉につまるシーンもありました。それでも、「この国に長年尽くしてくれた私たちの『父』のためにも、私たちはこれからも自分自身の義務を果たしていきましょう」と呼びかけ、会場内の至るところからすすり泣く声が聞こえてくると、こちらまでグッと来ました。本当に国民に敬愛された王様であったと思います。
この段階ではまだ国民には知らせれていなかったはずですが、お別れの時が近いと皆さん覚悟なさっていたということでしょう。
ホテルも空港も今のところ特に混乱はなさそうですが、これから悲しみが広がっていくのではないかと思います。
偉大な国王のご冥福をお祈りし、心優しいタイの国民の方々にこれからもご加護があることを心から願っています。
プミポン国王は、日本の皇室とも親好が深く、
特に、秋篠宮さまは、何度もタイを訪れてお会いされ、
国王も息子の様に慕うほどの間柄でした。

また、国民からの人気も絶大で、タイの政情が混乱しているときには、
みずから乗り出して、安定に寄与してきました。

大変残念なことで、
日本の皇室からも弔問に行かれることになると思います。