新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

141Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大変勉強になる連載でした。人生後半のテーマをきちんと定めて、これまでの経験を生かして社会貢献する。御立さんは、まさに理想的な生き方を目指しておられる。僕は色々なところに顔を突っ込んでいて、本業も現役で、しかもいずれも抵抗勢力が大きくて、まだまだストレスの多い戦いが多いのですが、もう少し時を経た時には、御立さんのようにテーマを絞り込んで、もっと楽しく自分のテーマに取り組めたらいいなと思います。
日本伝統文化に思い入れが深くなって来た、とのこと。大変素晴らしいと思います。御立さんのような功績を残された方が率先して動いて頂けるのは、周りの若い人にとっても興味の的になるはず。ぜひ積極的に動いてもらいたいですね!

個人的希望を言えば、ぜひ神社文化再興にもお力をお借りしたいです。私も今年、神社検定を受験して合格させて頂くくらい嵌っています。GHQに弱められた古き良き日本伝統文化をこれからの世代に継承していくお手伝いを出来れば、と思っています。
理想のリタイヤメントですね。御立さん、憧れるな。
「所属する1つの組織の名刺だけで生きていくという時代ではない」というのは本当にその通りだと思っています。ただ、大手に限らずベンチャーすらもまだまだ「副業解禁」に対して及び腰で、新しい価値観に対する理解が乏しいように思えます。

なので、ぜひ御立さんのお力で日本の経営者の皆さんの価値観をグイッと変えてほしいです。
"いわば、シニアなフリーターだ。所属する1つの組織の名刺だけで生きていくという時代ではないように思う。
今もやっている京大大学院での客員教授の仕事、いくつか頼まれているCEOのコーチ、NPOの仕事、ベンチャーのメンタリング……やりたいことはたくさんあるが、自分が自分ならではの価値を出せることだけに絞って、ライフワークとして手掛けていこうと思っている。"
【最終話】21日間にわたってお届けしたBCGシニア・パートナーの御立尚資さんの半生、最終話です。これからは兼業が当たり前の時代になるという御立さんは、「自分ならではの価値を出せることだけに絞って」3つのライフワークに取り組もうとされています。その3つとは?
多くの偶然を重ねてここまで歩んできたが、黒衣(くろご)役だったり、参謀だったり、人を助ける側がしっくりくる人生だった。
途中途中では、ドライバーシートに座る企業経営者を目指すべきか、と思ったこともある。
でも、自分が好きなのは、それを手助けする方なのだ。

BCG日本代表のお立場ですと、経営者の矜持、向いている意識を持たないと、堀さん離脱後、内田さんからバトンタッチされた後の組織を牽引できなかったと思いますが、それでも手助けする側が好きと言い切れるところに、立場により考え方、振舞いを使い分けられる御立さんの人間としての奥深さを感じました。
『自分が自分ならではの価値を出せることだけに絞って、ライフワークとして手掛けていこうと思っている。』
→これ、いいですね。これからの大事な価値観になっていくと思います。

『10万枚のCDが売れるヒット曲を出すよりも、毎回ライブに来てくれる200人の顔を見られたら、それだけで幸せだと思う。』
→顔が見えるということが、これからますます重要になってくると思います。
キャリアづくり、これからの働き方を考える上で非常に勉強になる連載でした!ありがとうございました!

個人的に連載からの学びを要約すると3つ。
①異質な環境に飛び込み、謙虚に学ぶこと
②教養を磨き続けること
③課外活動でベンダー関係ではない仲間を集めること

組織に捉われず、面白いことを追求していくのが一番ですね!
お人柄がわかる素敵な連載でした。↓ 自身が好きなことを見つめることの大切さを改めて感じました。

「さて、振り返って考えると、私は人が喜ぶ姿を見るのが本当に好きなのだと思う。今からでは絶対になれないが、仮に音楽家になれたとして、10万枚のCDが売れるヒット曲を出すよりも、毎回ライブに来てくれる200人の顔を見られたら、それだけで幸せだと思う。そういう性格なのだ。だから今は、迷いがない。」

そして、このタイミングでご両親のお話…。とても興味深々でした。

「お袋は茶道・華道の免状持ちで、一応、美術年鑑に名前が小さくでるレベルの日本画家でもあった。なので、胡粉(ごふん)や膠(にかわ)、岩絵の具などが常に家にあり、そのにおいと共に育ってきたところがある。
母親は犬養孝先生の万葉集の講座にも通っていて、テープで万葉集の朗詠がずっとかかっているような家だった。親父は自己流だが字が極めてうまく、家には書の本が山ほどあった。」
ぜひうちの顧問になってください!実現すればいいなー。
ナンバー1(リーダー、経営者、ドバイバー)にはナンバー2(ファーストフォロワー、右腕、ナビゲーター)が必要であり、この組み合わせの良否が活動の成功を大きく左右する。特に長期的繁栄は1人のカリスマでは実現しない。ちなみに、ラリーの世界では道なき道を疾走する競技車に一緒に乗るナビゲーターのことを「コ・ドライバー」と呼んでいる。直訳すれば「共同ドライバー」となる。一緒にクルマを運転する者。それが運命共同体の当事者であり、究極のチームビルディングとなる。僕も経営者をめざした時期があるが、自分は「コ・ドライバー」が向いていると気づき、そのような人生を歩んできた。その中で、かならず素敵なライフワークはみつかる(僕の場合は「物語」を社会的に創造する活動や、教育、コミュニティづくりなど)。そんなことを、あらためて実感させてくれたシリーズだった。御立さん、ありがとうございました。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。

業績