新着Pick
301Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
《2016.3.29 追記》
現在、世界のITサービス市場においてNTTデータはTop10に入れるかどうかのギリギリのポジションにいますが、今回の買収によって一気にTop5が視野に入るようになります。日本企業では富士通がTop5に入っています。ちなみに1位はIBM、2位はアクセンチュアです。

《元コメント》
NTTデータからもプレスリリース出ましたね。
Dell Services部門の3社(Dell System、Dell Technology & Solutions、Dell Services)を3,055百万USドルで買収。2016年1月期の3社の売上合計が2,826百万USドルなので、そのまんまっていう感じですね。もともとは50億ドルっていう話が出てましたが、EMC買収で元手が欲しいDellは足元見られたのでしょう。

Dellのサービス部門の売上の多くはアウトソーシングサービスが占めています。もともと北米は日本みたいにシステム開発を外部のSIerみたいなところが請け負う(受託開発)というスタイルではないです。上流のコンサルは外部に依頼しますが、自社のシステム開発は自社のIT部門がやります。運用は自社でやるかアウトソースするかには分かれ、今回の対象はそのアウトソース部分のサービスが主になります。一方、NTTデータは開発サービスが主なので、そのあたりをどのようにポートフォリオとして組み込むか注目です。

NTTデータはこれまで欧州は買収を中心に事業を拡大してきました。これで北米の顧客基盤が獲得できるので、ビジネス機会は広がると思います。後はしっかり経営と戦略の統合ができるかどうかにかかっています。

いずれにしてもIT分野での日本企業の大型買収は、日本のIT業界にとっていい刺激になると思います。
買収が報道されたタイミングのPickは下記①。Dellは50億ドル以上での売却を目指しているとのことだったが着地は30億ドル(Dellが2009年に39億ドルで買収した)。ただ②のリリースを見ても、負債や利益について分からないので、バリュエーションはなんとも言えない。
https://newspicks.com/news/1396388?ref=user_100438
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120160328444570.pdf
上流のサービスを抑えて自社サーバーを売るビジネスモデルは既に終わっており、そのモデルの先駆者だったIBMはサーバー部門を売却済。NDは、グループのディメンションデータやソリューショナリー、あるいはNTTコミュニケーションズのデータセンター等のソリューションを今回の買収で加えたチャネルで売っていくのだろう。
Dellの組織が複雑なため、NTTデータのプレスリリースではどういったアセットを手に入れたのか、クリアカットに判断ができませんが、Dellが所有しているセキュリティ/インフラ対策部門を買収したわけではなく、名前の通りサービス部門だけを買収した模様。
NTTデータに旨みがあるのかな〜、これ。
アメリカでもケーブルテレビを買収(5兆円)するAT&Tや、クラウドテレビ技術やアドテクを買うベライゾンなど各社の色が出てきました。もう業界内競争でもありません。日本もNTTの法人ビジネス、ソフトバンクの消費者ビジネス、あるいはインフラビジネスとコンテンツビジネス・・それなりの色の違いが次第に強まってきましたね。
NTTデータは、親会社として海外の大手買収から相乗効果、付加価値と作れるかどうか、試練です。
巨艦がいよいよ本気で海外進出に乗り出した。しかし、ポートフォリオシフトの基本は、競争力のない事業を思い切ってきりはなすこと。それも、収益構造が壊れる前での切り離しを行い、他社の傘下で収益モデルを進化させてもらう勇気が必要。意味もなく保持し続けて壊滅的状態になってからの整理は、百害あって一利なし。私は、次の一手でどの事業分野を切り離しにかかるのかに注目したい。
NTTは他のグループ会社含めて、かなりの額を海外投資に振り向けているね。
この買収本当だったんですね。以前pickされてましたね。NTTのグローバル化の流れによるものなのですね。

「NTTの海外展開をめぐっては売上は拡大しているものの利益が追い付いていないとの声があるほか、NTTデータとNTTコミュニケーションズとの事業の重複も指摘されており、解決すべき課題も少なくない。」
➡課題もあるとのこと。今後に注目ですね。
NTTデータにはもっとVPS関連のIaaS事業を強化して欲しいです。
WebArenaとかホント時代錯誤も甚だしいサービスをいつまで続けるのかと。

国内で唯一でAWSに対抗出来そうな企業なんですから、もっと海外で買収とかよりも実態的な事業展開を積極的にやって日本の誇るデータサービス企業になっていただきたいです。
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。 ウィキペディア
時価総額
2.43 兆円

業績

新着記事一覧
お中元商戦本格化 オンライン注文の需要高まる
徳島新聞社
2Picks

スズキ、工場を一時停止へ 半導体不足で、スバルも
共同通信
2Picks

パールアビス、『黒い砂漠』と『黒い砂漠MOBILE』で2021年下半期のアップデートの予告動画を19日17時より公開!
Social Game Info
2Picks

企業・社会の課題をデザインの力で解決する「高度デザインDX人材」になるための実践プログラムが開校へ
デジタルシフトタイムズ
3Picks

防災アプリ「ココダヨ」、緊急地震速報に連動して自分の最新の位置情報をメールで自動送信する単身世帯など向けサービス「ココダヨ SOLO」を発表
デジタルシフトタイムズ
2Picks

Amazonビジネス、DXによる企業改革をテーマにしたビジネスカンファレンス「Amazon Business Exchange 2021」を開催へ
デジタルシフトタイムズ
2Picks

IoT関連マルウェアが利用するポートへのスキャンや脆弱性ある製品の探索が増加、ダークネットの観測リポートより
TechCrunch Japan
3Picks

DeNA再び最下位転落 先発浜口が大乱調 三浦監督「本人が一番悔しいと思います」
デイリースポーツ
2Picks

ディープラーニングで1枚の写真から動画が制作できるようになった!
ギズモード・ジャパン
3Picks

阪神、オリックスが快勝 セ、パ同士の対戦が再開
共同通信
2Picks