新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆者です。
今回はロシアの2016年大予測ということで、ロシアの経済、軍事、国内締め付けなどの切り口から考えてみました。
まだまだ論点はあろうかと思いますが、皆様のご参考になりましたら幸いです。
今年は、欧米の視点から、世界をみるのではなく、サウジ、イラン、ロシア、トルコ、中国の視点から、世界をみるようにしたい。米国が築いてきたレジームを、どう壊し、自らのパワーを増すか?という戦いがスタート。

ロシアの輸出70%が石油・ガス。サウジ、イラン、ロシアはいずれも、紛争が起きて原油価格が高騰すると嬉しい国々。

実は、欧米諸国が想定している以上に、サウジ、イラン、ロシアは、互いの利害を意識し、協調し、揺さぶりをかけ始めているのかもしれない。一方、中国は原油輸入側であり、ウイグル地区でのイスラム問題を刺激したくない。

米国の意向を一旦忘れて、ほかの国々の利害を中心に政治・外交・軍事を考えるという発想に慣れる必要がある。
【国際】先日の辻上さんのサウジ報告もそうだったけど、筆者が気になった写真が掲載された記事というのは良い。基礎的な事実関係を整理し、分析した記事はその気になれば誰でも書けると思うけど、写真を撮影するというのは現地に足を運んでなければできないことである。こういう記事がどんどん増えるのは良い傾向。
編集を担当した川端です。プロピッカーの小泉さんに寄稿を頂きました。ロシア情勢のなかでも、内政に重点を置いて書いて頂きました。ロシア内政、難しい舵取りが続きそうですが、プーチン政権は社会保障などをうまく使いしぶとい運営をしているようです。小泉さんはロシア軍事を専門とされていますが、軍事がいかに内政に深く関係しているかよくわかります。現地撮影のロシア写真集も必見です。是非、お読み下さい。
人口も減っていくし、世界のエネルギー構成は少しずつシェールガスに移っていくだろうから、厳しい状況は続いていくと思います。
そういう点で、アメリカのシェールガス開発は、世界のバランスを変える一手なんだと思っています。
国防費が20パーセントか。イメージより大分少ない。全体バジェットが大きくなっているから相対的に小さく見えるのか、国防費自体が減っているのかわからないけど、ロシアは外交内政バランスが極めて戦略的で、国として優秀だといつも思う。
原油価格安は、シリア介入排除など対ロシアで利害が一致する米国とOPEC主要国による実質上の対ロシア制裁という説もある。
ロシアには住んでいたこともあるので親近感があるが、やはり報道の規制やビジネスインフラが整っていない等、閉鎖的な雰囲気・環境が優秀な人材を流出させている、というところに尽きると思う。イノベーションを引っ張る人材がいないので、なかなか産業が育たない。せっかく教育レベルは高いのにもったいない。なかなか資源一本足から抜け出すのは難しいだろう。
ロシアの2016年度予算が石油価格「1バレル=50ドル」で計算されているとのこと。
先日発表されたカタールの年度予算もほぼ同じ計算。でも現実は30ドル台。
この辺り、産油国は年内に50ドル台へ戻すと予測しているのだろうか?それとも希望的観測?
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2016年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで来年トレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。