新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
またこの話。税制の仕組みを変えずに民間企業を批判するのはおかしいだろう。合法なんだから。
「国のインフラを使ってビジネスをしているんだから税金払え」というのがこの議論のスタート地点なんだと思いますが、それを言うのであれば、赤字企業もインフラを利用しているので本来納税すべき、となり、外形標準課税がベスト、になります。

利益に応じて課税、であれば、企業の戦略としてコストを抑えようとするのは当然の話。だから「税務戦略」というのが認められています。

アメリカとして、タックスヘイブン国に「皆さんの税率がルール違反です。我が国が被害を被っている」と言えないから個別企業に矛先を向けているだけですよね。
Takuさんのいつもながらの原文リンクが参考になる。まぁ「Awful」という言葉は気になるところだが、世界的に展開している企業のCEOの気持ちをまさに代弁しているとも言える。
そういえば、AppleがiPhoneで成長し始めたころ、それでも雇用は米国では発生せず、EMS経由で中国でばかり発生しているという議論が一杯でてたのを思い出した。でも世界の情報・モノが流動的である現在というのは、そういう時代だと思う。だから「国家戦略」というものが改めて重要。
『The current tax code was made for the industrial age, and not the "digital age," Cook said.
"It's backwards. It's awful for America. It should have been fixed many years ago."』
日本のiOSで得ている30%分の収益は、日本で税金を払っているのだろうか?ほぼ全て利益だ。「政治的たわ言」と言い切れるのだろうか?

→アップルはアイルランドの子会社を通じて数十億ドルを節税しており、同社によると対象のほとんどは海外の利益だとしている
アイルランドを使った節税スキームの是非はともかく、海外で蓄積している利益を米国に還流した時の税率はあまりに高すぎるでしょう。
Timは、CEOとしての才覚よりも、COOとしての才覚がすばらしいので、下記、おっしゃるとおりだと思いませんか?

しかも、これって日本でも、ほぼ同じですよね?

それにしても、巨大な企業になればなるほど、節税戦略(敢えて対策とは言いません)が重要ですよね。

(以下、記事中から引用)
「現在の米国の税体系は旧来の工業時代に作られたもので、デジタル時代の仕様ではない。時代遅れであり、米国にとっては空恐ろしい。ずっと以前に改革すべきだった」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
現行の税制に穴があるので節税しているというのは合理的。ただ、これが改正された時、アップルはどのような対応を取るのかは興味深い。欧州をはじめその動きは出てきている。消費者の負担が増えるのだろうか。
Appleだけではないんだし、利益が大きいいというだけで、何度も槍玉に挙げられるのは気に入らないでしょうね。
米国だけの問題ではなく、日本でもAmazonが法人税を払っていないと言われてる。
解決するのに、今の税制を変えるしかないのであれば、かなり難しそう。
企業からの反発もあるだろうし。
特定の国に納めるよりもイケてる民間企業に残した方が人類のためになるし、合法だし、なんら問題ない。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
226 兆円

業績