新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元はQualcommの液晶系子会社が入居してたとのこと。こちらに関しては、Qualcommがシャープに出資した際のMEMSディスプレイだろう(①の緋色さんのコメント参照)。昨年には、2017年に量産といった報道もあったが…ただ、QualcommのMEMSディスプレイ工場自体は、2014年11月にTSMCが買収している(ここに後釜として入居した?)。TSMCはAppleのサプライヤーとして存在感を拡大しているが、シャープ・TSMCと絡めて気になる動き。
https://newspicks.com/news/616204
https://newspicks.com/news/708667
MEMSディスプレイ自体をアップルが内製化することはあまり意味がないと思います。おそらく、適用に対する技術検証ではないでしょうか?
サプライヤーから供給を得て組み立てるスタンスの方が、今のAppleにはメリットが多い。その時一番最適な部品を世界のサプライヤーから手に入れることができるので、自社縛りはしないと読んでいますが。
自社開発のための研究所というのは、にわかに信じがたいです。
おそらくガセネタでしょう。

アップルは、自社工場を持たずに世界中で水平分業をするビジネスモデルで世界一の時価総額企業になりました。
最大の強みである水平分業モデルを放棄するとは、到底考えられません。
研究開発・製造分野はレッドオーシャン。
本格的に乗り出すほど愚かではないと信じています。
アップルの強みは現金回収日数マイナスなことも一つ。工場を持たない代わりに発注先の設備投資に注力してきただけに、その延長線上のようにも思うが、さて
部品をより安く調達する為には、自分達も専門知識がないといけないという事。
研究だけで、開発や試作品を作ったりするのはAppleの仕事ではないでしょう。

Mirasolがスマートフォンやタブレットで使用される事はないと思います。
バッテリーの持続時間を上げるのに四苦八苦している状況で、暗い場所では見えにくく、バックライトが必要なディスプレイはメリットが少ない。
電子書籍やスマートウォッチであれば採用するメリットはあるし、特に電子書籍端末は可能性が高い。
SHARPのエンジニアはAppleに移籍するチャンス!部門ごと移ればすごいいいのにね。
クアルコム (英語: Qualcomm, Inc.、ナスダック: QCOM) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
9.5 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
97.9 兆円

業績