新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広告制作の新しい手法としても、一歩前にいくキャンペーン。たくさんのアーティストにソースをオープンにして参加させる仕組み。そのキャンペーン自体の新しさが、新生GUCCIのイメージ戦略。なるほど。デザイナーがアレッサンドロ•ミケーレに変わって、かなりデジタルに積極的になってるなー。前任のフリーダ以降、かなり売り上げも上がっています。ふむふむ。
インスタの広告でどこまでできるかがわかるキャンペーンになるだろうからチェックしておかなきゃ。
先日、インスタの広告にハイブランドが殺到しているという記事があったが、それを裏付ける具体的な事例で面白い
https://newspicks.com/news/1173364
このグッチの取り組みはすぐに売り上げに結び付けず、アートを通じてブランドの世界観を作ったり、それを通じてファンを増やすという活用の仕方をしているのも面白いですね
いいね!さすがだ
最近感じるのは、グッチやヴィトンの様なスーパーブランドの方が新たな取り組みに積極的。日本のブランドは意外とそう言うのに保守的。これは将来的にジャブのように効いてくると思う。
トップブランドとインスタがどういう広告をするかは今後のブランド広告市場に大きな影響を与えると思うので要注目。
インスタグラム広告を活用するという発想では失敗する。
インスタグラム広告はやるべきですか?という質問を受けること増えましたがナンセンスです。

グッチは、ブランド戦略、マス広告との連動、インフルエンサーの活用などを統合的に考えた上で、インスタグラムをメインチャネルとして活用している。だから面白いし、成功する気がする。
インスタグラムは、撮影した場所が把握でき、各々の嗜好がタグ付けされペルソナが把握しやすい。
日本でも広告代理店を中心として、クラウド型の情報基盤をつくり、マーケティング施策に活用する動きが活発。

業績