亀山ドガバナー.001

アフリカ市場を攻略せよ 第1回

【亀山敬司×牧浦土雅】死んでも文句言わないようなやつだけ、アフリカに行かせた

2015/10/27
DMM.comの次の目標を「アフリカへの進出」と定め、手を挙げた社員をアフリカに送り込んだ亀山敬司氏。ルワンダで農業・流通などのビジネスを展開する、牧浦土雅氏。異色の起業家2人が、アフリカのビジネスチャンスについて語り尽くす。

清い心を取り戻すために、旅に出た

亀山:俺は何年かに一度、誰にも行き先を告げずに旅に出るんだけど、今年の8月から1カ月ほど、アフリカを旅してきた。南アフリカのケープタウンから入って、そのまま北上していくルートで。ボツワナやジンバブエ、タンザニアなどを当てもなくぶらぶら歩いてきたんだよ。

牧浦:アフリカは一人で行かれたんですか?

亀山:うん。

牧浦:そうなんですか。もっと大勢で行ったのかと思いました。

亀山:いやいや、旅に出るときは一人だよ。まあ、「心の旅」のようなものかな。金儲けばかりしていたら人間汚れてしまうから、ちょっと清い心を取り戻そうと思って。

牧浦:なるほど。清い心を取り戻すためにアフリカを選んだ、と。

亀山:そうなんだよね。南アフリカからボツワナに移動して、オカバンゴ・デルタ(ボツワナ北部の世界自然遺産)にセスナ機で行って、野生のライオンが肉を食っている様子を見てね。それでやっぱり「自然っていいな」と思った。

牧浦:僕はルワンダでビジネスをしているのですが、ルワンダのサファリもいいですよ。野生のゴリラがそこらじゅうにいて、あそこに行った後は、富士サファリパークなんてぬるすぎて行けないです。ルワンダのサファリが普通の車だとしたら、日本のサファリパークはチョロQのようなレベル感ですから。

亀山:向こうは完全オープンで見放題だもんね。

牧浦:その分全部自己責任なんです。ゴリラはちょっと手が触れるだけでも人間が吹っ飛んじゃうぐらいの馬力を持っているんですが、たとえけがをしても命を落としても、運営側が責任を取ってくれることはありません。

亀山氏が訪れたアフリカのサファリ

亀山氏が訪れたアフリカのサファリ

現地にいるのは中国人ばかり

牧浦:アフリカは案外、近い場所になりましたよね。昨年には成田とアディスアベバ(エチオピアの首都)の直行便が就航しました。

これまではドバイやドーハ経由で、20時間以上かかっていましたから。オリンピックに向け、安倍首相はアフリカとの関係を強化する方針を示していますが、直行便の就航もその一環かもしれませんね。

亀山:どんどんやってほしいよ。やっぱりアフリカが旬だね。うちもそう思ったから、「アフリカに行きたいやつ、手を挙げろ」と社内で募って、手を挙げた24人の中の何人かに100万円ずつ軍資金を渡して送り込んでいる。俺自身は行きたくないから、社員を代わりに行かせた(笑)。

牧浦:その24人はどういった部署の人たちなんですか?