新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイムリーにSamsungのセグメント推移の記事があったので①参照。そして、半導体というかNANDに関してはスピンアウトというのも妥当。これまで②などでコメントしてきたが、シャープの液晶と同じで、設備投資が必要で、財務体力が必要。今回の不正会計でNANDは上がってないが、連結で財務が弱くなっていて、十分な設備投資をできなくなる可能性がある。そこで競争力の差ができると、今後追いつけない。日本の半導体メーカーで東芝が残っているのは、他ではできなかった「投資をし続ける」という意思決定をしっかりやってきたというのも一側面。
これは3Dフラッシュメモリにも通じる話で、2014年末に、新工場の設備投資をするか意思決定をするという方針を示しているが、その後、不正会計で揺れてそれどころではない。③にパートナーのSanDiskの日本法人社長のインタビューがあり、「判断タイミングに影響はない」と言っているが、不正会計処理にマネジメントリソースが割かれていることと、財務面という二つの面で、確実に判断タイミングにも執行力にも影響を与える。
そう考えると、SanDiskから分離のプレッシャーがかかったり、PEと併せて工場買収含めてやるといったプランが出てくることもありうるかと。個人的にはIntel・Micronとの大連合が見たいが…
https://newspicks.com/news/1106354
https://newspicks.com/news/1097999
https://newspicks.com/news/1103171
東芝とSamsungの比較ですが、読者に伝えたい3つのポイントで書かれている通り、全体的には東芝へのエールといった感じです。
Samsungの分析はおまけ程度でしたね。

3D NANDは東芝の発表後にSamsungも追随していて本当に競争が激しい。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20150811/431740/

今のままでは規模が違いすぎて、東芝が技術力で相当に上回らないと、インテルを含めた大手に飲み込まれるのではないかと思います。
不正会計問題で揺れる東芝、携帯電話市場で苦戦を強いられ成長が鈍化しているサムスン。この二社が日本No.1、世界No.1と言うのも面白い。
3Dフラッシュメモリでまだまだ記憶容量は伸びそう。イメージングで動画をよく撮るので、お世話になると思います。東芝のエンジニアの方々にはがんばってもらいたいですね。
東芝の半分の従業員で、3.5倍ほどの売上、40倍の利益を稼ぐサムスン。

何よりもこの差に愕然。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.74 兆円

業績