高校野球の経験なしには、M&Aの世界で勝負できなかった

2015/7/31
 「野球が、私をつくりあげたんです」──。そう語る表情に、一点の曇りもない。日本のM&Aの実務と研究の第一人者として活躍するインテグラル代表・佐山展生は、ビジネスパーソンとして、自身の根底にあるのは野球の経験だと断言してはばからない。スカイマークの支援や阪急・阪神統合など、常にシビアな現場で闘い続けている注目の経営者は、甲子園を目指した高校時代に取り組んだ野球から何を学んだのだろうか。  
佐山展生をつくりあげたのは高校野球
甲子園と言うと、ひと握りの強豪校やスーパープレーヤーが注目を集めますが、大多数は、勉学との両立に悩みながら甲子園を夢見て野球を続けているのを忘れないでください。京都市の母校の洛星高校はまさにそういう学校であり、野球部です。今日、私が何とか生きているのは、まさしく野球をしていたおかげです。
野球を通じ、いかに多くのことを学ぶことができたかを少しでもわかってもらえれば幸いです。野球で身を立てていこうとは思っていない大多数の高校生の視点でも「甲子園」は重要だと思います。
私が社会に出て人生の岐路に立つたび、思い切った決断をさせてくれたのは高校野球で培った体力と精神力でした。それにより数々の修羅場をくぐり抜けることができたと思っています。
高校野球の経験が仕事でどのように役に立ったか。この質問に答えるなら、「すべて」です。今の私は野球なしにはありません。毎日グラウンドで白球を追いかけた経験がなければ、きっと何度も挫折した挙句、どこかで野垂れ死んでいたでしょう。
33歳で帝人を辞めて三井銀行(現・三井住友銀行)に入ると言ったときには、周囲の全員に反対されました。若い皆さんには想像ができないかもしれませんが、当時は転職自体のなかった時代ですし、職種も銀行はそれまでの技術系とはまったく違います。何が不満なんだと言われました。しかし、面接で「M&A」という言葉を初めて聞いて、「『M&A』は面白そう」という思いのみで転職を決めました。当時、「こいつは何を考えてるんだろう」と周囲は思ったことでしょう。
30歳になって、大企業で定年までいるのが自分の人生ではないと悟って、司法試験の勉強に真剣に取り組んでいた中での転職でした。その際、「銀行でうまくいく確率は?」と聞かれていたら、5%未満だと答えていたでしょう。
しかし、もし銀行で駄目だったら道路工事や夜警のアルバイトをしながら司法試験に集中しようと思っていました。また、実際にやり抜く自信もありました。そうやって自らの意思を貫き通すことができたのは、高校野球で培った体力と気力があったからこそだと思います。
クラウン・リーシング、阪急・阪神統合やスカイマークの案件もそうですが、本当に厳しいM&Aの現場では、毎日予想外の難局が待っています。何回もジェットコースターのように状況が変化しますが、案件が潰れそうなときにいかに踏ん張るかが勝負で、調印するまでその連続です。周りがもうダメだと言っても、1%でも可能性が残っていれば、自分だけは「いや、まだやれる」としぶとく食い下がらないとM&Aはやり切れません。
阪急・阪神統合など難しい案件については、取り組み始めたときは「1%未満の成功確率」という状況からスタートします。そんなに確率が低くても取り組んだのは、勝負は最後の最後まで何が起こるかわからないからです。
ビジネスにおいて粘っこく真剣勝負し続けられるのは、野球を通じ、ゲームセットになるまで何があるかわからないという経験や、勝てそうにない相手にも勝つことがある実体験をしていたからだと思います。
そのため、私がビジネスについて語るときには野球のたとえが非常に多くなります。これまでの経験を忘れないようにいろいろと書きためていて、大学の授業やセミナーでそのお話をしますが、それをご覧になると本当に今の私が野球でつくられていることがわかると思います。
これから高校時代を振り返りながら、いくつか紹介していきます。(以下、本文の強調部分)
1971年夏の京都府予選での洛星高校野球部。(前列左から2人目が佐山展生)
野球に明け暮れた中学・高校時代
私は京都の洛星中学校に入学後、中1の4月から本格的に野球を始めました。中高一貫校だったので、そのまま洛星高校に進学します。
高校では、最初はほとんどがボール拾いとグランド整備の毎日。2年生の秋にやっとレギュラーになりました。秋は2番で春と夏は1番・ショートです。足は速いほうで、内野ゴロの捕球とバントには絶対の自信がありました。