• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

エヌビディアやAMDのAIチップ、中東向けを米政府が足止め

92
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    中東向け人工知能(AI)アクセラレーターの大規模出荷に対し、米政府当局者はライセンスの発行を遅らせている
  2. 2
    特に大規模な販売を注視していると関係者らは語った
  3. 3
    中国企業が、中東のデータセンターを通じて最先端技術を入手する可能性があることも懸念されている
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    エヌビディアやAMD<AMD>による中東向けAIアクセラレーター出荷に対し、米政府当局者はライセンスの発行を遅らせていると関係者の話として報道。
    米政府当局者らは中東でのAI開発が安全保障面に与える影響を審査しているということで、エヌビディア株価下げてます。


  • badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    なぜ中東と思いましたが、中国企業からのアクセスを懸念しているのですね。確かに世界のどこにあろうとも困らない時代です。AIサーバーへのアクセス制限に実効性を持たせるのは難しいです。


  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    サウジの産業政策や、米国との関係も気になる。最近、関連するところのニュースでは下記があった。

    米、アルトマン氏支援AI半導体企業株の売却をサウジファンドに強制(2023/12、Bloomberg)
    https://newspicks.com/news/9265082

    サウジ、最大400億ドルのAIファンド設立へアンドリーセンと協議(2024/3、Bloomberg)
    https://newspicks.com/news/9739516


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか