• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

JR東日本のネット銀行「JRE BANK」サービス開始、“特典てんこ盛り”なぜ?【Nスタ解説】

TBS NEWS DIG
201
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 宮田 拓弥
    badge
    Scrum Ventures Founding Partner

    4割引という文字のインパクトがなかなか強い。

    「JRE BANK 優待割引券」というものがあり、JR東日本の片道区間の運賃と特急料金が4割引になるという割引券がもらえます。」


  • Hasegawa Yukinori
    温厚で思考好きな人

    記事に『株主優待にも似た』とあるが僕も記事を読む前にそういう印象を受けた。実のところ株主優待などおカネではい現物の配当代替みたいなものをどう捉え課税していくのかは1つの課題のように思う。

    実際に株主優待でも多い人は年数十万円相当のモノをもらっているでしょうが実際には手間もあり非課税のような運用をされていると思う。個人的には株主優待により株価を吊り上げて増資や買収みたいな歪みもあると思うので株主優待を出す際には企業側に商品の市場価格の20%相当を納税をさせることで少し歯止めをかけたほうがいいのではとも思う。

    加えて例えば乗車券を割引だとそれほど実感はないが、乗車券をプレゼントといった形になれば本来は乗車券を買って消費税相当分が国に入るものが割引のような扱いとなり入らない面もある。今のレベルだと社会的には問題にならないのだろうが仮に全ての企業がガソリンや電気代などあらゆるモノを株主優待や何かの特典として支給すればその特典を受けられる金持ちは消費税がどんどんと払わなくなるのでは??

    僕は株主優待で節約させてもらってるが一歩引いて考えてみると、持ち株に応じて平等でもないし、税といういみでも不平等なものだと感じています。


  • 松本 幸一
    大阪府庁

    JR西日本でもして欲しい。

    ≪ポイント活用に詳しい ポイ探 菊地崇仁 代表「JR東日本の株主優待にも似た特典はあるが、JRE BANKはほぼリスク無しなのでおトク」≫


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか