• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

GW明けが「最も忙しい」 依頼殺到 退職代行サービスの今

毎日新聞
105
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 松下 朋弘
    badge
    ユニヴィス法律事務所 弁護士

    本来、無期雇用契約は2週間前に辞める旨を会社に伝えればいつでも辞められるはずなんですが(民法627条第1項)、実態としては以下の2点のような悩みに直面している労働者が多いことを退職代行業者の隆盛が示していますね
    ①会社が納得してくれないと辞められないと思い込んでしまっている
    ②退職の話を切り出すこと自体が精神的に難しい

    どうしても会社を辞めたいときは内容証明郵便で退職の意思を会社に示してしまえば自分でも似たようなことはできてしまいますので、会社をどうしても辞めたいときに自分だけでもできることとして知っておいてもらえると幸いです。

    また、弁護士ではない事業者は代理人はなれず、退職代行利用によってトラブルになった場合の交渉などは行ってもらえません(弁護士以外の退職代行事業者がトラブルに関して交渉をした場合には弁護士法違反となります)。退職代行を利用したいと思い悩むほど会社との関係が悪化しており、退職に伴いトラブルの発生が目に見えているケースでは、退職代行を受任してくれる弁護士に依頼するほうが安心できます、宣伝とかではなく。


  • 大室 正志
    badge
    大室産業医事務所 産業医

    子供の自殺は夏休み明け9月1日に最も多いという衝撃のデータがあります。子供の退学(転校)より大人の退職(転職)の方が退職代行や人材紹介会社などカジュアルにできますので、それはまだ「マシ」な環境だなと思います。


  • 尾和 恵美加
    badge
    株式会社Bulldozer 代表取締役運転手 / パラダイムシフター

    これからは、調整期間(試用期間)の導入が鍵になってくるのではないだろうか。

    一ヶ月働いてみて違いましたは、働く側も雇う側にもあること。
    友達から親友になるのも、カップルから夫婦になるのにも、やはりいきなりではなく調整期間がある。

    代行してもらいたくなる気持ちもわからなくはないけれど、その場合には良かった点も悪かった点もフィードバックがなく、次に活かすことのできない、ただ消費しただけの時間になってしまう。

    調整期間でお互いが見ることは
    人と仕事との相性で、
    1価値観(パーパス)が合うか
    2仕事のスキルセットがあうか(またはキャッチアップできるレベルか)


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか