• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

数学が1点では…ChatGPT、英語8割超も「東大不合格」 AI、東大入試に挑む③ - 日本経済新聞

日本経済新聞
8
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Kato Jun
    ユーザベース スピーダアナリスト

    興味深い結果。どういうタイプの「答え」かによって、生成AIの強み・弱みが明確に出る。

    まず、英語と国語の差に注目。英語は外国語としての問題で、国語はその言語のなかでの論理性などを問う問題。だから、英語は強くても国語は弱い。
    理科・社会においても、世界史・化学は覚えている部分が多い。一方で物理は実質数学だし、数学は全くできない。一番クリアな正解があるように見えて、考え方・論理に関しては確率論では脆弱。なお、ChatGPTではなくAzureとかAPIでTempretureで厳密にしたら数学とかどうなるのだろう?


  • 天野 正樹

    今の生成AIは、別に「ヒトの脳の働き方」を模して作られてるものではありません。なので、できない、ってのは不思議なことでもないのかな、と。
    逆に、こういうやり方で実現できるもの、ってどんなもの?、ってのをよりよく理解する助けになるのかもですね。

    一言言っておけば。このところの風潮、「何ができるか」ばかりが注目され(早く金にしたい、ってのがあるのでしょうが)、「これってなんだろう?、どういうふうに機能してるんだろう?」ってのが置き去りになりやすくなってるように思います。よくない傾向で、とても憂慮しています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか