• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

テスラ「新モデル」前倒しへ、株価急伸 現行車台・生産ラインで

308
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    テスラは新しいモデルを2025年に前倒しして投入する計画を発表し、株価は12.5%上昇した
  2. 2
    低調な第1四半期決算が発表され、売上高は前年同期比で減少し、純利益も減少した
  3. 3
    テスラはAIロボティクス企業に多角化し、自動運転車を使ったサービスに注力するビジョンを示した
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ニューモデルマガジンX 代表取締役社長兼編集長

    バッテリー電気自動車の成長鈍化、BYDを筆頭とするプレーヤーの台頭。激しい競争の中でテスラは強くなっていくのでしょう。
    日本ブランドもアメリカや中国でバッテリー電気自動車、プラグインハイブリッド車の商品力アップを目指します。現地化も進めています。世界販売の1割を日本市場で賄っているメーカーも減ってきましたね。


  • badge
    A.T. Marketing Solution 代表 VISOLAB(株)CMO マーケティング、ブランディング

    えー!
    「モデル2の開発を中止して自動運転タクシーに集中する」という報道があったばかりじゃないですか。
    モデル2と自動運転タクシーの車台は共通と書かれていたので「何でモデル2やめるの?」とコメントしたばかりでした。ロイターは誤報だったの?

    後は価格。2万5000ドルで出てくるのか。

    「テスラのエンジニアリングチーフ、ラース・モラビー氏は革命的な」製造プロセスに投資するリスクを回避することになると発言」

    UNBOXED PROCESSはやらないということですね。それで原価をどう下げるのでしょう。

    でも乗用車としては久々の新車。楽しみ。


  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    テスラ<TSLA>の2024年度第1四半期(1-3月)の業績は減収、営業減益。

    米現地4月23日の通常取引終了後に公開された8-K(重要事項報告書)によると、第1四半期は売上高は前年同期比8.7%減の213億ドルとなりました。
    営業利益は56.0%減、営業利益率は5.5%へ低下、前年同期は11.4%。
    1株利益(EPS・希薄化後)は0.34ドル(前年同期0.73ドル)。

    テスラ<TSLA>は買い求めやすいモデルのローンチを加速する意向を示しました。

    ショートカバーが相当多そうです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか