• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

過去5年で「ヒンズー国家」化進展=モディ政権2期目、少数派は危機感―インド

26
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    モディ政権はヒンズー教徒の利益に沿った政策を実行し、イスラム教徒の危機感が高まっている
  2. 2
    政府は差別的との批判があった改正国籍法を施行し、イスラム教徒に市民権を与えない方針を示した
  3. 3
    モスク跡地にヒンズー教寺院を建設し、ヒンズー至上主義団体の支持を示している
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    インドはヒンドゥーが72%で最大多数派の国ではありますが、
    イスラーム 14%
    キリスト教  5%
    シーク教 2%
    他にジャイナ教、仏教など、あまりにも多様な人々がいます。

    その最大多数派のヒンドゥー教徒が、ムスリムのムガル帝国によって400年の支配を受けたことこそ、モディ政権の母体であるヒンドゥー主義運動にとっての最大の屈辱の歴史です。
     英国植民地時代は、英国人が広めたキリスト教に改宗したインド人が優遇されました。
     この屈辱から失地回復するためにヒンドゥー主義運動は150年かけてここまできました。
     英国に対する武装蜂起を繰り返しては敗れ、牛を食べるムスリムを殺害し、ガンディーを暗殺し、世俗主義のインド国民会議からついに政権を奪取しました。

    ヒンドゥー主義運動は、今後も、政権を手放す気はありません。
     歴史教科書を書きかえ、ムガル帝国時代の建築を破壊し、一貫して「ヒンドゥー教のインド」であった歴史を創作して教育しています。
     少数派が抵抗しても勝てる余地は少ないですが、今後も衝突、紛争は起きていくでしょう。


  • NewsPicks Content Curator

    19日から投票が始まっている世界最大規模の選挙ですが、モディ政権は世俗国家からヒンズー国家化がより強まっているようです。


  • ニューデリー時事はインドに内政干渉する気でしょうか?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか