• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ネットフリックス、会員数933万人増加-伸びは今後鈍化へ

206
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    ネットフリックス<NFLX>が引け後に1-3月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回りました。
    有料会員数の伸びも予想を大きく上回り好調な決算となりました。
    北米での有料会員数の伸びが予想以上に堅調で、オリジナル番組の好調とパスワード共有の取り締まりにより予想以上に新規顧客を獲得し、2020年以降で最高のスタートを切りました。

    ただ、株価は時間外で下落。
    発表直後は売買が交錯したものの次第に売りが強まっています。
    第2四半期の売上高見通しが予想に届かなかったことが嫌気されているほか、有料会員数の伸びは予想を大きく上回ったものの、前回からは伸びが鈍化していた点もネガティブな反応に繋がっている模様。

    同社への期待はここ数日、アナリストが次々とバラ色の予測を発表したことで急上昇していましたが、同社は「今期の加入者数は減少するものの売上高は16%増加する」と述べたました。

    同社はまた、来年の第1四半期から四半期ごとの有料会員数と加入者1人当たり売上高の報告を停止すると述べ、これらの指標は長らくウォール街が同社の業績を評価する主要な方法だったが、同社は売上高や利益といった伝統的な指標に焦点を移そうとしています。
    経営陣は引き続き主要な加入者数のマイルストーンは報告する予定。
      
    アナリストからは「来年から四半期ごとの加入者数を開示しないという動きは、あまり良い結果をもたらさないだろう。昨年見た加入者の伸びを考えればなおさらだ」とのコメントも出ています。


注目のコメント

アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか